池永陽

2008年05月09日

池永陽「そして君の声が響く」

池永陽「そして君の声が響く」そして君の声が響く (集英社文庫 (い50-4))

池永陽の作品というとこれまで「走るジイサン」「コンビニ・ララバイ」「水の恋」の3作品を読んできたけれど、いつも青春とか夢とかそんな言葉に代表されるような瑞々しい感性のあふれた小説を書く人だなというのが、この作者に対する印象でした。

今回読んだ「そして君の声が響く」もまさに池永陽さんらしい作品。しかも主人公が就活を控えた大学生で、ボランティア先のフリースクールの生徒たちとの交流や恋が描かれるのですから、まさに“青春”という言葉に直球勝負です。

フリースクールに通う生徒たちなので、心に何かを抱えていることは確かなのだけれど、陰鬱な感じじゃないのが読んでいて重過ぎない…その微妙なさじ加減が私は好きです(不登校については、息子が中学時代にそうしたことを通過しているので、決して上っ面のきれいごとでは語れないことは体験済み)。

主人公が恋をした相手、美咲の負った傷はあまりに衝撃的でびっくりしたけれど、全篇を通じて、素直に共感しながら応援しつつ読めるストーリー。

それにしても、1950年生まれの作者がこんな若者たちの心に寄り添った作品が書けること、素敵だなと思います。

kyoko0707k at 00:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)