パスタ

2008年05月31日

正統派のスパゲティボンゴレ

スパゲティボンゴレ『金曜日のパスタ』の4品目はさっぱりとした塩味のボンゴレです。昨日は、19時過ぎまで原稿を書いていて、スーパーに買い物に出たのが20時くらいだったので、生鮮品はどれも大幅値引き。

で、あさりが半額になっていたので2パック購入。ニンニク&バターで香りをだしたところにあさりを投入してたっぷりの白ワインで蒸し焼きに。硬めにゆでたパスタ(表示時間よりも3分早く)をフライパンにいれ、あさりの旨みがでたソースを吸わせるようにしました。

このくらいあさりが入っているとさすがにおいしい! だってパスタ200グラムに対して、あさり2パックですから。

わが家の食卓にも、このブログの順番どおりにパスタが並んでいくのですが、いつも思うのは、もっとコンロがあったら、同時にいくつものパスタが仕上がるのになあということ。せめて同時に3品くらい(もちろん、すべて200グラム〜250グラムのパスタ)が食卓に並ぶといいのだけれど。


★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ


kyoko0707k at 15:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

カルボナーラに青ねぎと海苔をトッピング♪

カルボナーラに青ねぎと海苔のトッピング『金曜日のパスタの3品目』は次男の大好物のカルボナーラ。

ベーコン+生クリーム+牛乳+パルメザンチーズ+昆布茶+ブラックペッパー+卵黄といういつもの作り方だったのだけれど、卵を割ったら、黄身が2個の双子だったため、黄身が多めになってソースがホロホロと固まった感じになってしまいました。

海苔のほかに青ねぎもトッピングして、さらに和風テイストに。カルボナーラはしつこいと思っている人にも、こうした食べ方はおすすめです。


★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ

kyoko0707k at 14:59|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

トマトとバジルとモツァレラのパスタ

トマトとバジルとモツァレラのパスタ『金曜日のパスタ』の2品目はトマトとバジルとモツァレラのパスタ。

いつもの簡単トマトソース(トマトホール缶+ニンニク1かけ+赤唐辛子1本+オリーブオイル少々+バジルの葉少々を全部一緒に火にかけて中火で15分くらい)に、ソーセージを入れ、仕上げにモツァレラチーズを混ぜ込んでバジルの葉を飾って出来上がり。塩、こしょうを適宜加えてくださいね。

とにかく簡単でおいしいのがこのトマトソースのいいところ。次男はここにコンソメとかトマトケチャップとか隠し味的なものを加えたがるけれど、シンプルなほうが素材の味をひきたてるっていうこともあると思います(息子が作るソースは、凝っていて味に深みがあるというか、それはそれでとてもおいしいのだけれど)。


★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ

kyoko0707k at 14:49|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

スモークサーモンといんげんのチーズクリームパスタ

スモークサーモンとインゲンのチーズクリームパスタ締め切りに追われ、風邪がだんだん悪化して咳まで出てきてしまったけれど、パスタを作るのや食べるのは好きです。たぶん、料理が趣味というか気分転換になっているのだと思います。

なので、昨夜ももちろん『金曜日のパスタ』は決行され、4種類ほど作りました。1品目は貝の形をしたコンキリエというショートパスタを使ったチーズクリーム味。スモークサーモンといんげんを入れています。

生クリームとパルメザンチーズ、パスミジャーノレジャーノがソースのベースで、粗引きのブラックペッパーもかなり入っています。スモークサーモンを使うと塩気とスモークされた香りが加わるのでぐんとおいしくなるように思います。

スモークサーモンのかわりに生ハムを使っても、また違ったおいしさに。「100文字レシピ」の川津幸子さんも確か同じようなことを言っていました。


★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ

kyoko0707k at 14:04|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年05月24日

4種類のきのことソーセージの和風パスタ

4種類のきのことソーセージの和風パスタ温玉添え
金曜日のパスタは3品目は4種類のきのことソーセージを入れたガーリックしょうゆ味。青ねぎと温泉卵をトッピングしています。

ニンニクと赤唐辛子をオリーブオイルでゆっくり炒めた後、ソーセージときのこを入れて軽く炒め、塩、こしょう、しょうゆ、パスタのゆで汁でソースを作りました。

きのこは、みそ汁に入れたりするなめこじゃなくて、直径2.5〜3センチくらいの大きななめこと、舞茸、椎茸、エリンギの4種類。それぞれ食感が違うし、香りも違って、豊かな味わい。きのこは繊維質が多くてローカロリー。免疫力を高めるので体にいいんですよね。

昨日のパスタはこれでおしまい。すでにいくらか飲んできているのに次男も加わってビールをのみ、ワインをのみ…酒のみのわが家であります。


★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ

kyoko0707k at 15:52|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

海老とサラダ菜のパスタ、チーズクリームソース

海老とサラダ菜のチーズクリーム
金曜日のパスタの2品目は海老の入ったチーズクリームソースのパスタ。市販のレトルトのチーズクリームソースに、生クリームを加えてブラックペッパーをたっぷりと。

ちゃんとした生クリームは値段が高いけれど(それにカロリーも)、少し加えるだけでコクもまろやかさもぐんとアップするのがすごいなあと思います。このあたり、バターも同じですよね。

海老+チーズクリームに何かを加えたいと思ったけれど、ルッコラやベビーリーフを上に載せるのはありきたりで、つまらない。

で、、思いついて冷蔵庫にあったサラダ菜を刻んで仕上げに加えてみたら、シャキシャキ感がプラスされて正解でした。サラダ菜は味もやわらかなので、海老やクリームの味を壊さないのもよかったみたいです。


★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ



kyoko0707k at 15:25|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

なすとズッキーニのトマトソースをラディアトーレというショートパスタで

なすとズッキーニのトマトソース
昨日は「金曜日のパスタ」の日。私は仕事の後で友人と会い、帰宅が22時前になり、家人も仕事の付き合いでほぼ同時刻に帰宅。それぞれ、お腹はある程度満たされていたはずなのに、「パスタ作るでしょ?」「はい、もちろん」。

早々大学から帰宅していた次男もお腹を空かせていたので、23時近くになってわが家の晩餐が始まりました。

帰りに立ち寄った閉店間際のスーパーでメロンがお買い得だったので、まずは「生ハム&メロン」やこの間の鶏ハムでビールを飲んでいる間に、大急ぎでパスタのメニューを決め、準備にかかります。

で、1品目はなすとズッキーニのトマトソースのパスタ。このおもしろい形のショートパスタは「ラディアトーレ」というそうな。調べてみたところ、イタリアの暖房機器の形を模したもので、名前もそこからとったとか。

ぎざぎざした切れ目の部分にソースがよくからむし、歯ごたえもあっておいしいパスタです。クリーム系のソースにするか迷ったけれど、まずは失敗のないトマトソースでいってみました。

ズッキーニとなすは断面が似ているのに微妙に食感が違うし、もちろん味も異なります。ユニークな形のパスタと相まって、楽しい1品になりました。



★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ


kyoko0707k at 14:34|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2008年05月18日

帆立としめじのパスタ、バジルソース仕立て

帆立としめじのバジルソース土曜日のパスタの3品目は、少し大人の味のバジル系で。本当はタコとじゃがいもの組み合わせでいきたかったのだけれど、あいにくタコが売り切れだったため、帆立としめじという組み合わせにしてみました。

小粒の帆立としめじをオリーブオイルで軽く炒めて、瓶詰めのバジルソース(今回はマコーミックのもの)とパスタのゆで汁を加えてパスタソースを作ったら、アルデンテにゆでたパスタとスイートバジルの葉を入れて全体をよく混ぜ合わせたら出来上がり。

これはバジルソースの味ですべてが決まってしまうので、お気に入りの瓶詰めを見つけておくといいと思います(本当は、バジルの葉と松の実、チーズ、ニンニク、オリーブオイルをフードプロセッサーにかけて作ればいいのだけれど)。


★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ

kyoko0707k at 21:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

なすとブロッコリーとトマトのミートソース

なすとブロッコリーとトマトのミートソース土曜日のパスタの2品目は長男が好きなミートソース。小さいころは和食好きだったのに、高校・大学と大きくなるにつれて、お子様っぽい洋食メニューが好きになってきている変わった子です。

普通のミートソースではつまならいので、オリーブオイルでこんがり焼いたなすを加え、生のトマトのザク切りも入れて野菜たっぷりに。パスタの茹で上がり1分前にブロッコリーも投入して、一緒に茹でて、緑の野菜もプラス。ミートソースの隠し味に実はちょっぴりお味噌が入っています。

仕上げにパルメザンチーズをたっぷり加え、全体に混ぜ込んだ後で、さらに上にもふりかけました。


★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ

kyoko0707k at 13:52|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

カルボナーラ&海苔の組み合わせは絶品です

カルボナーラにたっぷり海苔をのせて。「金曜日のパスタの日」が次第に土曜日にシフトされつつあります。でも、昨晩は家族4人がちゃんとそろっていたので、パスタも作りがいがあるというもの。

1品目は、次男からのリクエストでカルボナーラ。ベーコンとカリッと炒めたら、牛乳と生クリーム各1/2カップを加え、軽く煮立てたところに、昆布茶とブラックペッパーとパルメザンチーズを加えます。火を止めてから卵黄2個分、茹で上がったパスタ200グラムを加えて出来上がり。

味を見て塩を加え、サラダ用のほうれん草と海苔をトッピングしました。2人前のパスタの分量に対して、焼き海苔2枚分なのでかなりの量ですが、わが家ではカルボナーラ+海苔が定番になっています。

これはずいぶん前に、川崎の「アルコバレーノ」というパスタ屋さんの取材をしたときにシェフに教えてもらった食べ方(何回か、このブログでも話題にしています)。今でもアルコバレーノ、あるのでしょうか。ラゾーナ川崎にはよく行くのだけれど、今度、久しぶりに川崎の街を散策してみたいと思います。



★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ



kyoko0707k at 13:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年05月15日

先週のパスタ〜明太子と青じそのパスタ

明太子と青じそのパスタ4品目のパスタはさっぱりとした和風味で。同じロングパスタでも、これは1.7ミリのオーガニックタイプのものを使っています。オーガニックだから味が変わるというわけではないけれど、こうしたものも買ってみることで、少しでも体のことや、一生懸命作っている人のことを考えたいかな…と。

明太子やたらこのパスタにはバターが不可欠なので、ここのところのバター不足であまり作れなかったメニューなのだけれど、先日たまたま「お一人様2点限り」ということで、バターが手に入ったので、久しぶりに登場です。

明太子+バター+日本酒+しょうゆ+パスタのゆで汁というのが、私のいつもの作り方。生クリームを加えるやり方とか、マヨネーズを入れる人とか、けっこういろいろな作り方があるみたいですね。

レモンを買うのを忘れてしまったのがちょっと失敗。このままでもおいしいけれど、レモンをしぼったさっぱり感はまた格別です。


★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ



kyoko0707k at 15:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

先週のパスタ〜アンチョビとキャベツ

アンチョビとキャベツのパスタ先週の土曜日のパスタの4品目は「アンチョビとキャベツ」。

パスタがゆで上がる2〜3分前にざく切りにしたキャベツをお鍋に投入し、パスタとキャベツを1つのお鍋でゆでてしまうので、とても簡単です。

ゆで上がったパスタとキャベツをフライパンか大きめのボールに入れ、アンチョビソース、オリーブオイル、刻んだパセリ、ブラックペッパーを加えたら全体をよく混ぜるだけで出来上がり。

お皿に盛りつけた後で、パルミジャーノかパルメザンチーズを加えると塩気とコクがプラスされておいしいです。


★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ

kyoko0707k at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

先週のパスタ〜きのことアスパラとベーコンのチーズクリーム

きのことアスパラとベーコンのチーズクリーム先週の金曜日は飲み会に参加していたため、パスタの日は土曜日にシフト。久しぶりに家族4人そろっていたので、4種類きっちり作りました。ここに紹介している暇がなくて、すっかり遅くなってしまいましたが、せっかく写真を撮ったので備忘録のつもりでご報告します。

1品目はディチェコの「コンキリエ リガーテ」という貝の形をしたショートパスタを使った“きのことアスパラとベーコンのチーズクリーム”。きのこは乾燥させたポルチーニ茸を輸入食材店で購入したので、それをぬるま湯で、もどして使っています。

ショートパスタの「コンキリエ リガーテ」ですが、コンキリエとは貝殻の形をしたショートパスタ全般のことをさし、リガーテというのはソースが絡みやすいよう表面に細かい筋が入っているものをいうのだそう。つまり、細い筋入りの貝殻の形をしたパスタということですね。

ディチェコのサイトによれば、このショートパスタはアンチョビなどと一緒に炒めたり、トマト風味で仕上げるメニューが合うということだったけれど、きのこ風味のチーズソースもなかなかおいしかったです。


★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ


kyoko0707k at 14:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月06日

サーディンとトマトとパルミジャーノのペンネ

サーディンとトマトとパルミジャーノのペンネワインが飲みたいというだけで、金曜日じゃないのに食卓のどこかにパスタが並んでいたりします。

昨日はいつもロングパスタで作るオイルサーディンとプチトマトのパスタをペンネ仕立てで。何回も紹介していますが、オリーブオイルでつぶしたニンニク1片を弱火で炒め、プチトマト1パック分を入れてふたをします。

トマトに火が通って、少し水気が出てくる感じになったらオイルサーディン1缶を入れて塩とブラックペッパーで調味し、ゆでたてのペンネを入れ、パセリとパルミジャーノ(チーズ)をたっぷり混ぜ合わせて出来上がり。とても簡単だけれど、おいしいし、失敗のないレシピなので、ぜひお試しを。


このメニュー、どうしてか、金曜日よりも土・日に白ワインを飲みたいときに登場することが多いです。

★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ



kyoko0707k at 11:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)