スープ

2008年05月13日

こんな寒い夜にはミネストローネ

ミネストローネ台風が来たのなら、もっと気温が上がってもいいと思うのにストーブが恋しいような冷え込み。すでに今年に入って2度も風邪をひいている私なので、ここは何としても元気に乗り切りたいところです。

ということで、久しぶりのミネストローネ。野菜がたっぷりで、好みに応じてチーズやハバネロソースで味に変化をつけられて、しかも体が温まるものといえば、こんな具沢山のスープが一番です。

買い置きがあったはずの玉ねぎが見当たらなかったので、セロリがベースになっていて、ニンニク、ベーコン、大根、にんじん、キャベツ、パセリ、トマト(生&缶詰)、かぶ、しいたけ、白菜が入っています。


すべての具材をオリーブオイルでよく炒めたら、あとはトマトのホール缶と白ワイン、水を入れて煮込むだけ。帰宅後に煮込むところまで一気にやってしまえば、あとはゆっくり着替えたり、ちょっとビールを飲んだり…。

ちなみにミネストローネのほかのメニューは、スペアリブ(オーブンまかせで簡単です)と、アスパラのバター炒め、十五穀米など。

-----


連休明け以降、取材や新しい企画の打ち合わせが目白押しのところに、さらにやりたかった企画が実現できるような予兆があって、わくわく感がつのります。願えばかなうということ、己の利害ではなく“思い”の強さが道を開くということを、あらためて感じます。



★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ

kyoko0707k at 23:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0)