イデア

2008年05月25日

雨の日にも、晴れた日にも使える傘のこと。

傘メトロミニッツだったか、メトロポロターナだったか…地下鉄の駅に置いてあったフリーペーパーに、素敵な傘の写真が載っていて、心をひかれました。急な雨のときに慌てて買った500円くらいの折りたたみ傘ばかりを使っている私。折りたたみ傘とはいえ、少しいいものが欲しいなあと。

しかも、この傘はUVカット&テフロン加工をしてあるので、日傘としても雨の日用にも使えるものです。日傘は色の黒いもののほうが、より紫外線を防ぐとどこかに書いてあったような。この傘なら黒がベースだけれど、模様が愛らしくて優しげな感じです。

でね、とりあえず、その傘の写真を切り抜いて、手帳に貼っておくことにしたのです。仕事で都内のいろいろなところを訪れる機会があるので、もしかしたら見つけることができるかもしれないと思って。

傘と手帳とそうしたら、手帳に貼ってわずか3日目に、有楽町マルイの「Idea Seventh Sense (イデアセブンスセンス) 」でこの傘を発見! たまたま通りかかっただけなのに、店の片隅の籠に入れられていたのが目に留まったのです。 

「能率手帳の流儀」の野口晴巳氏が本の中で、「気になったことがあったら手帳に書いておく、もしくは切抜きを貼っておくこと。そしてそれを度々見直すこと」と書いていましたが、これって本当に大切なことなのだなとあらためて思いました。

残念ながらこの日は在庫がなくて(置いてあったのは見本の品でちょっと汚れていました)、入荷日を連絡してもらう約束をしただけで帰りましたが、一昨日、ついに自分の手に。

その後で久しぶりに会う友人との約束があったので、彼女にも同じものをプレゼントしようと、贈り物用に包んでもらいました。おそろいの傘になってしまったけれど、気に入ってもらえたようでよかったです。

日傘として使うたびに、雨が降るたびに、彼女のことを思い出して「お互いがんばろうね!」と思えるような気がします。



kyoko0707k at 11:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)