2008年05月06日

鶏手羽元と新ごぼうの煮物

鶏手羽元と新ごぼうの煮物本を読んでいる間に最適なのが、ことことと煮込むタイプの料理。いつもだと唐揚げにしてしまう鶏の手羽元を新ごぼうやにんじん、こんにゃくと一緒に和風の煮物にしてみました。コラーゲンもいっぱいで肌にもよさそう♪

鶏肉はまわりを焼きつけてから、こんにゃくは下茹でしてから、しょうゆとみりんと日本酒とかつお&昆布だしで煮てあります。

最初に焼きつけるときも焦げないし、そのまま野菜やだしを入れて煮てしまえるのでこうした煮物も深めのフライパン&ガラスのふたが便利です。


★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ



kyoko0707k at 16:22│Comments(2)TrackBack(0) 今日の一品 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by    2008年05月06日 19:30
コトコト煮込むと味がどんどん良くなったり、素材が柔らか〜くなったりするんですよね。レシピに20分煮込むなんて書いてある場合、最低20分以上様子を見ながら煮込む。と読み替えたほうが美味しくできる料理は多いですよね。
手羽元は骨がほろっと取れて、軟骨がコリコリと食べれるとちょっと嬉しくなる素材です。
2. Posted by sally   2008年05月06日 22:04
◎惑さん
そうそう、料理って時間仕事というか、最初だけちゃんとしておけば、時間がおいしくしてくれるものって結構多いような気がします。煮物、煮込み料理、スープなどなど…
で、こうした料理をしているときって、心ものんびりとしているんですよね。
スピード料理術も大切だけれど、こうした料理も大切にしたい。昔、ストーブの上で煮豆をしていたころのように。
前に教えていただいた、手羽先のスープも作ってみなくちゃ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔