2008年05月05日

歌野晶午「長い家の殺人」

歌野晶午「長い家の殺人」長い家の殺人 (講談社文庫 (う23-11))

あの「葉桜の季節に君を想うということ」の歌野晶午のデビュー作が、新装版として講談社文庫から出たことを知って、期待度100%で読みました。「葉桜〜」ほどの衝撃はないけれど、これがデビュー作ならその後の活躍はうなずけます。


この「長い家の殺人」には、冒頭に、作者からの「新装版刊行にあたって」というメッセージがあり、あとがきには歌野晶午を見出した島田荘司氏からの推薦の言葉があり…それを読むだけでも、作家がこの世にデビューし、小説がこの世に生まれることの奇跡のようなものを知ることができて興味深いなと思いました。


----<以下、若干のネタバレがあるかもしれないので注意!>----

プロローグを読んで、わかったつもりになっていて騙され、トリックがなかなか見破れなくて歯軋りし…(でもね、種明かしの場面の前に、私は「そうか!」とわかってしまったけれど。だいぶ後半になってから)


で、思うのは、「葉桜〜」にしても「長い家の殺人」にしても、この作者はタイトルにある意味で答えをつきつけているのだなと。

まだ、読んでいない作品がたくさんあるので、歌野晶午のミステリーを楽しみに読み続けようと思っています。


kyoko0707k at 18:15│Comments(1)TrackBack(0) 本のこと 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by miumiu バッグ 中古   2013年12月19日 04:47
“He’s sure to forgive us, though perhaps not at once. But what then? I’ll show him that I have character. He’s always scolding me for not having character, for being feather-headed. He shall see now whether I’m feather-headed. To be a married man is a serious thing. I shan’t be a boy then. . . . I mean I shall be just like other people . . . that is, other married men. I shall live by my own work. Natasha says that’s ever so much better than living at other people’s expense, as we all do. If you only knew what a lot of fine things she says to me! I should never have thought of it myself ? I’ve not been brought up like that, I haven’t been properly educated. It’s true, I know it myself, I’m feather-headed and scarcely fit for anything; but, do you know, a wonderful idea occurred to me the day before yesterday. I’ll tell you now though it’s hardly the moment, for Natasha, too, must hear, and you’ll give me your advice. You know I want to write stories and send them to the magazines just as you do. You’ll help me with the editors, won’t you? I’ve been reckoning upon you, and I lay awake all last night thinking of a novel, just as an experiment, and do you know, it might turn out a charming thing. I took the subject from a comedy of Scribe’s. . . . But I’ll tell you it afterwards. The great thing is they would pay for it. . . . You see, they pay you.”
miumiu バッグ 中古 http://aiibaby.com/s/miumiu2.php

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔