2008年05月03日

たらの芽とアンチョビのパスタに温泉卵をのせて

たらの芽とアンチョビのパスタに温泉卵をのせて地場産の天然もののタラの芽を店先に見つけて買ってきました。タラの芽といえば天ぷらがいちばんだけれど、私は前にも言ったように天ぷらを揚げるのが苦手なので、どうしようかな…と思案。

折りしも、『金曜日のパスタの日』なのでパスタにできないかと考えて、アンチョビと合わせてみたら、これが大正解!

オリーブオイルで赤唐辛子とニンニクの薄切りをじっくり炒め、十分香りが出たところで、下茹でしておいたタラの芽を入れ、アンチョビの刻んだのも入れて軽く炒め、パスタの茹で汁を少し加えてソースにしました。隠し味に昆布茶も入れています。

アンチョビの塩気と独特の風味、タラの芽の苦味が口の中に広がって大人の味のパスタです。温泉卵をくずして黄身をかためて食べると、まろやかさが加わって、また違った味わいに。

見た目はずいぶん地味なパスタですが、ちょっと自慢できる一品になりました。

★レシピが気に入ったらクリックしてくださいね。
レシピブログ


kyoko0707k at 14:57│Comments(0)TrackBack(0) 今日の一品 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔