2008年04月21日

行者にんにくとチーズを牛肉で巻いてフライに。

牛肉の行者にんにく巻きフライ滋養強壮や疲労回復などに役立つ成分が豊富に含まれているという『行者にんにく』。北海道や東北地方で採れる希少な山菜だと思っていたのに、栽培ものが出てきたようですね。週末に買出しに行くスーパーで、初めて見かけたので買ってみました。

先日のパスタの日にラグーを作ったときの残りの牛肉があったので、チーズと一緒に巻いてフライにしてみたところ、口に入れたときに香りが広がって、チーズの塩味や風味とのハーモニーがとてもよく、あっという間にお皿が空っぽになりました。

春は本当に「料理をしてみたい!」と思わせる食材が豊富でうれしいです。食べる前に私があれやこれやと講釈をするものだから、家族はみんな「おいしければなんでもいいんだよー」という顔をしているけれど。

kyoko0707k at 12:05│Comments(4)TrackBack(0) 今日の一品 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by うらケン   2008年04月21日 13:58
行者にんにくが山菜だって事を
この前、お土産で貰って
初めて知りました。。。

ホカホカご飯のおともです。

2. Posted by sally   2008年04月21日 18:52
◎うらケンさん
お土産の行者にんにくはつくだ煮みたいになっているのかしらん。
ホカホカご飯のおとも…気になります〜
私は今回初めて、生の“食材”としての行者にんにくを買ったのですが、これからも見つけたらいろいろな料理に使ってみないなあと思っています♪
3. Posted by    2008年04月22日 22:45
自分の小さい頃は先住民族の名前+ネギと呼んでいたこの山菜、ジンギスカン(たれ付き)に組み合わせるのに人気の山菜。店先に並ぶようになった時には「行者ニンニク」と名前が変わって出ていました。濃い味の肉類に合う野菜。という意味では紹興酒と醤油で味付けの砂肝にも間違いなく合いそうな気がしますよ。
4. Posted by sally   2008年04月22日 23:01
◎惑さん
そうなんですね。確かに行者ニンニクはジンギスカンに合いそうです。
で、例の砂肝の紹興酒炒めにも合うのではというご意見、「そうか!」と目からウロコの感じ。何も新しい料理に入れなくても、いつもの料理にプラスしてみるという使い方もあるんですねぇ。今度行者ニンニクを見つけたらやってみます。
あ、でも、牛肉とチーズと一緒のフライもおいしかったですよ(←しかし、わが家は揚げ物が多いですね。ちょっと反省…)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔