2008年04月16日

夜22時を過ぎて、ひたすらコロッケを揚げる

コロッケはい、先ほどのじゃがいもは、コロッケになったのでありました。

いつものコロッケは、前にも何回か書いたように、合びき肉とゆで卵を入れ、ナツメグをきかせたピロシキみたいなコロッケですが、さすがにゆで卵を作る余裕がなく、合びきと玉ねぎをよく炒め、赤ワインとニンニクしょうゆ、塩、胡椒で調味してよく、炒りつけた具をマッシュしたジャガイモと合わせ、牛乳、卵黄を混ぜて作りました。

ジャガイモ5個と合びき肉350グラム(←けっこう多い)だと、直径5センチくらいのコロッケが22〜23個はできます。なので、油を熱して、衣をつけながら順次投入して、ひたすら揚げていくという展開。

22時を過ぎて、何もコロッケを1から作らなくてもいいように思いつつ、揚げたてのコロッケはおいしいなぁとやっぱり幸せな気分に♪

メタボ対策に躍起なご時世。遅い時間に揚げ物している場合じゃないのかもしれないけれど、おやつ食べないし、コーヒーはブラックだし、ちゃんと野菜を食べているし…(苦笑)



kyoko0707k at 00:51│Comments(2)TrackBack(0) 今日の一品 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by    2008年04月16日 22:28
あぁ絶対においしいです。出来立てのあつあつのカリッと揚がったコロッケ。カロリーの問題はさておき、口福感を味わって、ひと時癒されるのは食べたいのに我慢して食べないのに比べたら精神衛生上はとっても良いと思うんですけどね。
2. Posted by sally   2008年04月17日 08:24
◎惑さん
いいですねぇ。「口福感」という言葉!
我慢するより、幸せに思って感謝して食べて、運動もして…バランスがとれていればいいんですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔