2008年04月13日

久しぶりにRollbahnとLAMYのこと

Rollbahn&LAMY

現在、使用中のRollbahnのノートは、右端の薄いピンクのもの。私としては珍しく、同じ色のRollbahnを続けて使っています。細い付箋がついているのは、執筆中の案件を取材したときのページがすぐに出てくるようにするため。

相変わらず、長文の原稿でも、このノート以外はほとんど資料を見ないで書いています。資料は最後に数字の確認で開く程度。ネットで調べたりすることもほとんどなく、だから同じような内容をほかの誰かが書いているかもしれないし、私が初めてかもしれない。でもそれはどうでもいいこと(だからこそ、何もないところから、文章を起こしていくことは『生みの苦しみ』だと毎回毎回思います)。

で、すでに2冊買ってあるのが、黒と濃いピンクのRollbahn。今までの色のラインアップからみると、ちょっととんがった色を出してきてるなあと思うのですが、なるべく新しいも色のものをそろえたいので、今年の始めごろの迷わず購入。これまで店頭に並んでいた色の中で、どうもなじめなくて買わなかったのは、紫だけ…たぶん。

まもなく、薄いピンクのが終わるので、次は黒と濃いピンクのどちらにしようか思案中。やっぱり濃いピンクのほうかなあ。黒は秋のほうが似合うもの。

3本のLAMYのうち、ブルーのには、赤いインクが入っていて、SARASAの赤を使うことがほとんどなくなりました。白のLAMYはペン先が少し太いので、おもに取材用や打ち合わせのとき用。スケルトンのLAMYは細字なので、手帳に細かい文字を書いたりするときに。どちらもロイヤルブルーのインクが入っています。

万年筆は滑りがいいので、思考を妨げない気がするのは私だけ? もう1本、黒か濃い茶色のインクを入れて使う万年筆が欲しいなあと思っています。




kyoko0707k at 15:23│Comments(6)TrackBack(0) 仕事のこと | つれづれなるままに

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by よっち   2008年04月14日 00:40
こちらでは初めまして。

2年位前の私は、毎日大量の文字を書きまくっていたので、ボールペンでは手が疲れるので、万年筆を使っていました。使い始めると、万年筆というのは、モノとしてもなかなか綺麗なモノが多く、思わず何本か買いあさる羽目になりましたが(笑)。

私が一番使っていた万年筆は、ペリカンのM320という小さなモデル。とても小さいのですが、インク吸入式で本格派。一般的な男性にはちょっと小さいのですが、女性や私のように手が小さめの人にはとても使いやすかったです。ペン先が柔らか目なので、初めは少し慣れが必要かもしれません。

他に、万年筆が欲しいという知り合いの女性に、プラチナの「金魚」を勧めて喜ばれた事もあります。綺麗だし国産で何となく安心だしお勧めです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/shop-tate/3376.html

では。
2. Posted by sally   2008年04月14日 23:44
◎よっちさん
こちらにまでコメント、うれしいです。

ペリカンM320、オレンジの透ける感じが素敵!
思わず物欲が走りましたが、限定生産品でもう手に入らないのですね。残念…

で、プラチナの金魚。これまた可愛い。
でもLAMYに比べたら高いですねー。すぐに買っちゃえるものではないですねぇ。でもいいなあ。

うーん、次に何か自分でがんばったと思えるときのご褒美候補にしようと思います。
3. Posted by ふるふる   2008年04月15日 17:48
万年筆、それもLamyとくりゃ、コメント書きたくなるではありませんか。
ぼくは4本。M1本(パイロットあじさい)EF2本(エルバン紫、パイロットあじさい)F1本(ラミー純正ブルー)、知らず知らずのうちに増えちゃった。
万年筆って、そういう意味でいえば「毒」です。
一度、ちゃんと自分のブログで報告するかな?
ちょこっとは、書いていますが。

4. Posted by sally   2008年04月16日 00:09
◎ふるふるさん
…ってLiberaJoyさんですよね?
ちゃんとブログ拝見しています!
LAMYは価格もお手ごろで書きやすいので、思わず買ってしまいますよね。
でも、ブルーのインクから赤のに変えたとき、長い間、紫色になってしまってインク本来の色になるのに時間がかかりました。
万年筆それぞれに、お気に入りの専用インクを決めておくべきなのでしょうか?
今、気になっているのは、このブログのコメントでによっちさんが寄せてくださった、プラチナの金魚。LAMYに比べるとレトロで繊細な感じが女性好みのデザイン。
いずれにしても万年筆、万歳!
手で書くこと、インクの流れ…素敵だと思います。
5. Posted by liberajoy   2008年04月16日 12:34
わっ、すみません。
まぁ、最初からこの色と決めた方がいいですが、
ぼくはSallyさんのようなこと、何度もあったけど、
その混ざった色も楽しんでしまいます。
そうですか、プラチナの金魚って
知りませんでした。
もう、45年前になるのかな?
生まれて初めて使ったのがプラチナだったので、
関心があります。

万年筆は、はまります。
6. Posted by sally   2008年04月16日 14:21
◎LiberaJoyさん
お返事ありがとうございます。
そうですか、やっぱり混ざってしまうこと、あるんですね。私も、青が紫になり、赤紫になって透明な赤に変わる様子がおもしろいと思って使っていましたが、完全に変わるまでにけっこう時間がかかったので、これはやってはいけないことだったのかなあと心配になっていました。
本当に。万年筆は奥が深いというか、終わりがない感じがします。でも毎日使うものだから、たとえば洋服を1枚買うより楽しい買い物だなと。
これからも万年筆のこと、いろいろ教えてくださいね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔