2008年03月22日

生ベーコン入りカルボナーラの隠し味は昆布茶

生ベーコンのカルボナーラ仕事の帰りに生ハムの切り落としを買おうと、カルディに立ち寄ったところ、厚切りの生ベーコンを見つけたので、昨日のパスタの1品目はカルボナーラに。

市販のパスタソースをベースにすることもあるけれど、せっかくいいベーコンが手に入ったのだからと正統派の作り方でいきたいと思い、次男にレシピを検索してもらったところ、「これにしよう」というものを発見した様子。

メモしてくれた材料を見ると、ベーコン、生クリーム、牛乳、ブラックペッパー、卵黄、パルメザンチーズという王道の材料に加えて、仕上げに昆布茶を加えるところがわが家の日ごろのレシピに共通する感じ。冷蔵庫に残っていたと思った卵がなく、次男にコンビニまでひとっ走りしてもらいました(ありがとう!)

そんなこんなで作ったカルボナーラ、絶品でした。生クリームとだけだとしつこくなるけれど、牛乳を半々にしているのでさっぱりめ。ベーコン、チーズ、昆布茶だけの塩気でしたが、あえて塩を加えなくてもちょうどよかったみたい。

家庭料理研究家の奥薗さんが、どんな料理にも昆布をはさみでチョコチョキ切って加えるけれど、それと同じように昆布茶のうまみ成分の力は大きいようです。








kyoko0707k at 16:30│Comments(0)TrackBack(0) 今日の一品 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔