2007年10月29日

「能率手帳の流儀」と「佐藤可士和の超整理術」

能率手帳の流儀&佐藤可士和の超整理術最近、本をすごい勢いで買っています。小説(こちらは文庫)はもちろんのこと、仕事に役立ちそうな本とか日々の暮らしに役立ちそうな本とか、雑誌とか…。この夏はあまりに本を読まなかったので、その反動かもしれません。

ちょっと読んでみて!と紹介したい小説がたくさんあるのですが、まずはこの2冊から。

「佐藤可士和の超整理術」は、言わずと知れたベストセラー。装丁も自分で手がけたというこの真っ白な本が書店に積まれていると、かなり目立ちます。で、私も思わず手にとってしまい、「仕事を取り巻く環境がみるみる快適になっていくのが実感できるはず」という帯の言葉に惹かれて買ってしまいました。

佐藤氏もLAMYを愛用していることにへぇーと思い、まずはカバンの中身を整理しなさいというあたりに「はい、そうします」と反省し、仕事をする場合クライアントの思いを整理することが大切という言葉に、ふむふむと思ったのですが、「超整理術」というタイトルほどのインパクトには欠けたように思いました。いや、単に私の受け皿が足りなくて、奥深いところまで読みきれていないのかもしれませんが。

「能率手帳の流儀」は、日本能率協会マネジメントセンター代表取締役会長の野口晴巳氏の著作。この本には、巻末に能率手帳のページ構成が載っているだけで、「活用術」の本にありがちな図版はいっさい出てきません。けれども、とてもわかりやすくて、共感できる点がいっぱいあって、「読んでよかった!」と素直に思える1冊でした。

私が使っているのは、佐々木かをりさんが自ら使い、自社のサイトで販売をしているアクションプランナーですが、佐々木さんが提唱する手帳術よりも、野口氏の言っているやり方のほうが、私に合っているように思います。

佐々木さんは、手帳を使うときの姿勢が未来に向かっています。あの案件とこの案件を成功させるには、先々の時間をどのようにマネジメントしていくかが大切なのだと。そして、それに向かってまい進していくことだと。だから、佐々木さんは「時間活用管理術」のような言葉を多用しています。

一方、野口氏は、手帳というのは過去を振り返って反省したり、考えたりすることが一番大切なのだと。だから、毎朝、昨日の出来事を振り返って、ちょっとしたことでもいいから手帳に書いておきなさいと提唱しています。手帳にはスケジュールを書いておくだけではないのですよと。

「書く」ことは、考えること。「振り返る」ことは、未来に向かうこと。

この考え方、いいなあと思いました。私は、佐々木さんのようにバリバリに仕事をしていくタイプではないので、先へ先へと少しの時間も無駄にしないでタイムマネジメントをしていくというやり方だと、心身ともに疲弊してしまうのだと思います。

だから、一歩進んでは振り返り、反省し、また少し進むことを許してくれるような「能率手帳の流儀」の穏やかな語り口調にはとても安心感がありました。

でも、決して野口氏がのんびりと毎日をおくっていたわけではなく、挫折感を味わうことがあったりしながらも、常に前進されていた方なんですよね。だって、代表取締役会長まで務められている方なのですから。

いずれにしても手帳にはいろいろな使い方があって、どれが正解ということもないのでしょう。みんな自分に合った使い方を探しているので、手帳術のような本が人気なのでしょうね。

私はアクションプランナーを来年も使う予定だけれど、その使い方は“能率手帳の流儀”でいきたいなと思います。

----
P.S.
ちなみに、この「能率手帳の流儀」のことは、LiberaJoyさんのブログで知りました。こちらにもとてもいいことが書いてあるので、ぜひ読んでみてください。
>>>Pusupin Diary 「手帳シーズン開幕」


kyoko0707k at 10:14│Comments(4)TrackBack(0) 本のこと | 仕事のこと

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by LiberaJoy   2007年10月29日 15:13
ぼくのページを紹介してくださり、ありがとう
ございます。
こういうつながり方が、ブログやネットの
面白さですね。醍醐味です。

>>先へ先へと少しの時間も無駄にしないで
>>タイムマネジメントをしていくという
>>やり方だと、心身ともに疲弊してしまう

とても、よくわかります。
そんなに、急いでどうなるの?
と、言いたくなってしまいます。

明日でもいいことは、今日はしない。
そうやって、サラリーマン生活をして
きました。
ただ、原稿の〆切だけは厳守する(笑)。
自分が遅れると、何カ所も迷惑を掛けます。

2. Posted by sally   2007年10月30日 19:02
☆LiberaJoyさん
はい。原稿の締め切りのことは、ちょっと耳が痛いのですが、なんとかギリギリのところでがんばっています。

でも、本当は1日の時間管理をしっかりとして、ムダのない毎日をおくれる人のことに憧れたりもするんですけどね。だめです、私は。たぶん、根本が怠け者なんでしょうね。

3. Posted by maru   2007年10月31日 17:08
「佐藤可士和の超整理術」、私も買って読みましたよ。発見というより「あぁ、そうだよね」って頭の中を整理できました。考え方は、私の性にあってるかも。
ちなみに、LAMY サファリ万年筆、買っちゃいました。赤いの。白も欲しくて、でもFがネットではどこも完売で、赤を買った新丸ビルへ行ってこようかな…と思ったり^^;。
手帳は随分と悩んだものですが(笑)、アクションプランナーにしてから、あまり考えずに使ってます。それよりも、先日アイデアマラソンの樋口氏にお会いしてから、ノートの使い方に凝ってるかも。「能率手帳の流儀」、読んでみようかしら…
4. Posted by sally   2007年10月31日 23:45
☆maruさん
やっぱりね、maruさんなら、「佐藤可士和〜」を読むに違いないと思いました。「私の性にあってるかも」というところがすごいです。さすがです。
ところでLAMY、仲間になりましたね! 私は2006年モデルのブルーのやつはF(細字)なんですが、2007モデルの白はあえてM(中字)を選びました。Fのほうも1年以上使っている間にかなりペン先が太くなっているので、いっそMでいいかな…と。
あ、それとアクションプランナーですが、たぶん明日届きます。さんざん迷った末に、ライトフレンチブルー(つまり、水色)にしました。汚れが目立つと思うんですが、昨年売り切れで買えなかったのでつい…。maruさんはもう注文しました?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔