2007年05月18日

OMOのデリで一人楽しく♪…のはずが

おつまみプレート昨日は渋谷に出掛けて表参道経由で帰ってきたので、久しぶりにエチカの「OMO」(紀伊国屋)で、おつまみになりそうなデリをいくつか買って帰りました。

夫:接待、長男:彼女とデート(たぶん)、次男:バイト(まかない付き)…なので、夕飯は私だけ。写真のようにプレートに盛り付けて、ビールとワインを飲みながら一人楽しく過ごしましょ♪と思っていたら、次男が帰宅。

私「え? バイトは?」
次男「あったけど、まかないは食べないで帰ってきた。腹減ったーっ」

で、デリのあまりで写真のようなプレートをもう1皿作り、とりあえずそれを食べてもらっているうちに、冷凍室を物色して餃子を焼き、味噌汁を作り、ご飯を解凍し、サラダを作り…と大忙しということに。

ビールを飲みつつ料理をし、プレートのデリをつまみというわけで、ほとんど立ったままの慌しさ。ただね、食べてこなかったわけを聞くと、まかないを食べてきた日にいつも私が「えー、食べてきちゃったの?」と悲しそうな顔で言うからだそうな。

あれれ、ごめんね。私を気遣って食べないで帰ってきたのに、たいしたおかずもなくて。

* * *

食事をしながら次男と、会津若松の高校生の事件の話をしました。腕まで切り落として植木鉢に挿しておいたというニュースに「吐き気がした」と次男。

その高校生の心の中は分からないし、親子の間に何があったかどうかも、当事者にしか分かりません。でも、『殺すのは誰でもよかった』というのが本当だとして、「母親」が犠牲になったことで、誰か他人を傷つけることなく済んだのなら、母はそれで満足でしょう。自分に置き換えてみて、本当にそう思います。

ただ、以前に、高校時代に母を殺した男が、出所後、20代の姉妹を襲って、放火殺人をしたという事件もあったことを考えると、思いは複雑です。

母が犠牲になってそれで済むのなら、それも運命(さだめ)。でもせめてそれで終わりにしてほしい。何かに気づいてまっとうになってほしい。

二人の息子を持ち、不登校などさまざまなことを経て今にいたる私の、母親としての正直な気持ちです。

あ、ずいぶんシビアで暗い話になりましたね。ごめんなさい。



kyoko0707k at 11:03│Comments(1)TrackBack(0) 今日の一品 | つれづれなるままに

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by paulbunyan   2007年06月02日 00:52
会津若松の事件、ちょうど今日ランチをしたライターさんも同じようなことを言ってました。あれは母業殉職だよ。ある意味本望だよって。

母であることの強さとか深さとか、いろんなことを感じた言葉でした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔