2007年05月06日

黒ラブ大和、フリスビー大会初挑戦!

フリスビーをする大和


昨日、つくば市で行われた「日本フリスビードッグ協会」が主催するフリスビー大会に行ってきました。車で遠出するのも初めてなら、犬がいっぱいいるところに行くのも初めて。いやはや、どんなことになるのかと、ドキドキハラハラの出発でした。

朝の弱い私が、午前4時起床、5時ちょうどに家を出発。朝の常磐道はとても空いていて、6時には現地に到着してしまいましたが、すごいですねー、会場にはすでにたくさんの車が陣取っていて、テントを張ったりしていて、さながらキャンプ場のよう。

キャンピングカーで来ている人もいるし、どこの家にも2〜3匹の犬がいて、見るものすべてが物珍しく、夫と二人でキョロキョロ。肝心の大和は車には酔わなかったものの、興奮状態が覚めやらず、ちっともじっとしていません。

パパを待つ大和たぶん、とても不安だったのでしょう。“パパ”(夫のこと)の姿が見えなくなると、キュンキュンキャンキャン悲しい声で泣くありさま。

まるで、ママの姿が見えなくなると、たとえパパと一緒でも泣き出してしまう赤ちゃんのよう!

この写真は、エントリーの手続きのために、協会のテントに向かった夫の姿を悲しそうに待つ大和の後姿です。

大和
でも、次第に会場の雰囲気にも慣れて落ち着いた大和は、「ビギナー」「チャレンジ」の2つの試合に出て、何とかポイントを取ることができました。

どうやら、夫のほうがかなり緊張していたらしく、フリスビーを投げるのがいつもどおりにいかず、大和との息が合わなかったところもあって、「優勝」というわけにはいかなかったけれど、本当に思い出に残る、いい経験になりました。(⇒大和の写真をクリックすると大きな画像になります)

来年、大和は7歳。7歳からは「シニア大会」への出場になります。



フリスビードッグ協会昨日出場した犬は、生後半年〜3歳くらいの子がほとんどだったので、6歳で初挑戦というのは、珍しかったと思うのですが、決して見劣りせずに、がんばった様子にちょっとホロリとしてしまいました。

その昔、息子たちが初めて幼稚園にあがって、運動会でかけっこをした様子に、「こんなに大きくなったんだなあ」と感激して、ボロボロ泣きながらカメラのシャッターを切ったことを思い出しました。

まだ、13日にも埼玉での大会があります。熟年コンビの夫と大和、がんばってほしいなあと思います。

kyoko0707k at 16:28│Comments(2)TrackBack(0) つれづれなるままに 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by paulbunyan   2007年05月06日 23:05
大会参加お疲れ様でした!
お天気もよくて、大和君も気持ちよかったでしょうね(^-^)

パパを待つ後姿にきゅんとしてしまいました☆
2. Posted by sally   2007年05月06日 23:41
☆paulbunyanちゃん

でしょ? その後ろ姿が健気で思わずシャッターを切ってしまいました。

実はね、車での遠出に、大会への参加と初めて続きの経験に知恵熱でも出されては大変…と午後の試合はパスして早めに切り上げて帰ってきたんです。

でもおかげさまで、大和は元気。「フリスビー」という単語に過剰反応していて、玄関にイソイソと走り出しています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔