2007年05月02日

このノートに何を書く?

notebooks2昨日、御茶ノ水の丸善に立ち寄って本と文房具をあれやこれやと見てまわること1時間半。こういう時間は本当に楽しいです。

最近は読んだ本のことをなかなかここに紹介できていないのだけれど、2日に1冊ペースでいろいろと読んでいます。最近集中して呼んでいるのは、北森 鴻と池永 陽の作品。昨日も電車の中で池永 陽の「走るジイサン」(第11回すばる新人賞受賞作品)を読み、感激のあまり思わず涙がホロリ。それで、丸善でも同じく池永陽の「水の恋」を購入してしまいました。

写真は、文具コーナーで衝動買いしたノート3冊。B5くらいに見えるかもしれないけれどA5の小さなノートです。表紙(裏表紙)の写真がきれいなのも気に入った理由だけれど、中の罫線が薄いカーキの点線で、下のほうにスタンプみたいなマークもついていて、技あり…だったので。1冊120円(126円)だったし。

でも、このノートに何を書いたらいいんだろう?って、思案中なんです。この間のスクラップノートみたいに、買ってから何年も経って、突然使い途がきまるノートもあるから、たまに手に取って眺めているだけでもいいのかもしれません。

読んだ本の名前と日付とちょっとした感想を書いておく、読書ノートなんかもいいかも。

走るジイサン




kyoko0707k at 13:35│Comments(0)TrackBack(0) つれづれなるままに | 本のこと

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔