2006年07月26日

ラ・ロゼ・ド・モンブスケ2005

ラ・ロゼ・ド・モンブスケ2005-1昨日紹介した「エビと鶏肉と青梗菜の春巻き」に合わせたワインは、「ラ・ロゼ・ド・モンブスケ2005」。

ロゼってフルーティーでおいしいけれど、どこか甘さが残るのが、気になるなあと思っていたけれど、このボルドーのロゼは、本当にキリッとした辛口! 夫いわく、「これならダース買いしたい」と。

久々のロゼ、しかも大ヒットでうれしかったです。それで、いろいろと調べてみたら、「メドックに勝るとも劣らない、ボルドー右岸の銘醸地サンテミリオンで、最も注目される醸造家、ジェラール・ペルス氏。'93にスーパーマーケット業界から転身。“子供の頃からの夢だった”というワイン造りをはじめます。現在は8つのシャトーを所有し、総面積は150ha。莫大な投資をしての様々な畑作り、成熟度を上げる徹底した低収穫や、高樹齢。ワイン造りへの情熱と、信念で様々な改革を施し、今や右岸の帝王ともいえるべき存在になっています」とのこと。その、ジェラール氏が、一番最初に所有したシャトーがこのモンブスケで、近年のモンブスケには、あのパーカー得点が、軒並み90点以上だそう。

ラ・ロゼ・ド・モンブスケ2005-2ただし、毎年生産される訳ではなく、完熟のブドウで甘味が強い年にだけ造られているので、過去には96・02・03・04年と4回しかリリースされていないんですね。そしてこの2005年が5度目。今年のブドウは、どうなのでしょう? 「2006」も造られるといいなあと思います。

*ちなみに、この素敵な画像は、「ワインブティック ル ヴァン ヴィヴァン」のサイトからコピーさせていただきました(とてもきれいだったので)。


ワインブティック ル ヴァン ヴィヴァン楽天市場店の「ラ・ロゼ・ド・モンブスケ2005」のページです↓
http://item.rakuten.co.jp/lvv/302756/  


kyoko0707k at 17:10│Comments(0)TrackBack(0) おすすめワイン 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔