2006年07月01日

吉祥寺のインドレストラン「ムンタージ」でトーマス・ロギさんと語る

トーマス・ロギさん「ここのタンドリーチキンは最高!」という友人に連れられて、吉祥寺のインドレストラン「MUMTAJ(ムンタージ)」へ行ってきました。写真は、副社長のトーマス・ロギさん。「一度来たお客さんのことは絶対忘れませんよ」という、接客業のかがみのような方!

19歳でインドから日本に出てきて、西ノ宮の日本料理学校に通い、有名ホテルでの経験を積んだ後、この店へ。日本語が堪能ですっかり意気投合して話し込んでしまいました。インドを離れてすでに19年になるという彼は、「インドと日本にいる時間が同じになりました。この19年にインドに帰ったのは、たった1週間だけです」と。

関西での修業時代は食べ物が合わないことも含め、ずいぶん辛い思いをしてきたそうですが、今では日本国籍も取得して「気持ちは日本人」だと穏やかに話します。

今では、冷凍の炒め玉ねぎも業務用として売られているし、野菜も冷凍のものや缶詰がたくさんあるけれど、そういうものは使いたくないと、弟さんと交代で毎朝8時から店に入って仕込みをしているのだとか。インドカレーも地域によって味がずいぶん違うようですが、ここは南インドの料理。おすすめのタンドリーチキンも、スパイスで真っ赤な色をしたサラダも、マトンのカレーもとてもおいしかったです♪

残念なのは、29年も続いてきたこの店が、10月で閉店になってしまうこと。店舗の契約の更新により、毎月の賃料がびっくりするほど高くなってしまうので、このまま続けていくのが難しいのだと。ただ、「ローヤルムンタージ」という支店が、駅から少し離れたところにあるので、その店は続けていくそうです。

【ムンタージ】
吉祥寺南町1-16-1 荻上ビル2F/電話:0422-49-8754

kyoko0707k at 16:56│Comments(0)TrackBack(0) つれづれなるままに 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔