2006年05月25日

忘れ物と、駅員さんと。

ゴールの見えない仕事に愚痴をこぼしながらも、ようやく一息ついて、19時過ぎにオフィスを出た私。同じ方向に帰るスタッフと外苑前から銀座線に乗り、表参道で降りて一人になった途端、忘れ物に気がつきました。

あわてて折り返し、外苑前へ。たまたまパスネットが切れていて切符を買っていたのですが・・・

私:「今、乗ったところなんですが、忘れ物に気がついたので、オフィスに戻ってとってきたいんですが、この切符どうしましょう」
駅員さん:「またここから乗りますか?」
私:「はい。10分くらいで戻ってこれると思うんですが」
駅員さん:「じゃあ、このまま出てください。乗る時にまた声をかけてくださいね」
私:「わぁ! ありがとうございます」

10分後に再び外苑前の駅で。
私:「さっきはありがとうございました。忘れ物、とってきました!」
駅員さん:「ああ、早かったですね。お疲れさまです。どうぞここから入ってください」
私:「切符、このままでいいんですか、買い直さなくても?」
駅員さん:「いいですよ。どうか気をつけて」

そうして駅員さんの笑顔に送られながら、再び銀座線に乗ったのでした。

なんだかなあと思いながらのすっきりしない一日も、忘れ物をしてしまった自分の行動への自己嫌悪も、みんな吹き飛ぶくらいの駅員さんの笑顔と優しさに心から感謝! この間のコンビニの店員さんといい、世の中にはいい人がいっぱいです。



kyoko0707k at 20:19│Comments(2)TrackBack(0) 携帯通信 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by M@rk   2006年05月27日 01:07
5 やっぱりsallyさんは魔法を持っていると思います。
逆境でも小さな幸せを導き出せる、そんな豊かさを持っているんですね。
いつもこのブログを読んで、温かい気持ちになれます。

優しさに触れたい時、何故かsallyさんのブログを覗きに来ているんです。無意識のうちに。
そして、その優しさを頂いてます。
2. Posted by sally   2006年05月27日 15:03
☆M@rkさん

うふふ、「魔法使いサリー」ってことですね! あ、M@rkさんの世代の方はご存じないかな。

温かい励ましのお言葉、ありがとうございます。でもね、優しさをいただいてるのは私のほう。

心が強くなくて、歯がゆいくらいに未熟で、ただ茫然とたたずんでいる私だけど、M@rkさんや世の中のあちらこちらにいる思いやりと優しさにあふれた人たちに助けられながら、また背筋をのばして凛として歩いていこうと思っています。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔