2006年05月04日

真夜中のパンケーキ

137ed0ae.jpg深夜0時をまわっているというのに、何かデザートはないかといって冷蔵庫を物色していた長男に、「特製パンケーキを焼いてあげようか?」と声をかけてみたら、食べるという返事。

「そんなのいらない」と言われると思ったのに、妙にうれしくなって準備を始めてしまった私。つまり、母親というのはいつまでも息子に小さいころのままでいてほしいってことなんでしょうかね?

さくっとさせるために、卵を普通より1個多く入れて、牛乳にヨーグルトも加えて生地を作っただけの、別に何てことないパンケーキだけれど、好評だった様子。

で、私もつきあって夜中にバターとハチミツをたっぷりかけたパンケーキなど食べてしまったものだから、今朝は少しもお腹が空かず、ミルクティーだけ飲んでいます。

kyoko0707k at 09:36│Comments(4)TrackBack(0) 今日の一品 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by もらん   2006年05月04日 12:07
わ〜い。サリーさん復活ね!
2. Posted by sally   2006年05月06日 00:24
☆もらんさん、こんばんは!

すみません、復活に1カ月以上もかかっちゃいました。ちょっとね、キャパオーバーって感じでした。自分らしさを失わないように、生き生きと日々を過ごしたいとあらためて思ってます。

夫にもね、徹夜を3日続けて目にくまを作ってても、取材に飛び回ってたライター専業のころのほうが、楽しそうだったし輝いてたと言われてしまいました。

だけど、乗りかかった船だから、自分が納得するまではがんばろうって思ってます。近いうちに連絡しますね!
3. Posted by    2006年05月08日 00:38
最近はすっかり週末ブロガーと化している惑です。将来長男君のお嫁さんになる人は大変かもなぁ と 思ったりします。
「お母さんは作ってくれたよ」がたぁくさんありすぎるかも。もっとも我が家の娘はお父さんも料理はする人と思ってますからねぇ。それはそれで問題はあるかも(笑)。
4. Posted by sally   2006年05月11日 17:50
☆お料理上手な惑さん、こんにちは。

ははっ! こんなに甘やかしてちゃいけないと思いつつ、だんだん関わりが希薄になるような気がして、たまに話す機会があったり、何か頼まれるとついつい喜んでやってあげちゃうんですよね。反省してます。

お嬢さんが結婚して、だんなさまに「あれ?お父さんは作ってくれたよ」と言ったりするのかしらん。いや、それよりきっと、お料理もお掃除もみんな得意で、何でも一緒にやってくれる人を見つけてくるに決まってますね。楽しみ♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔