2006年02月14日

ゆず「リボン」&吉井和哉「BEAUTIFUL」

リボン (通常盤)
音楽を聴く生活とは久しく遠ざかっていた私。週末に夫と車で買い物に行くときにラジオから流れるFM放送が唯一の音楽の時間だったのですが…

ラジオでも流れていた、ゆずの「もうすぐ30才」の元気が歌声に刺激されたこともあり、ゆずの「リボン」と、YOSHII ROVINSON改め吉井和哉の「BEAUTIFUL」と、いっぺんに2枚のCDを買い、premini-供雰搬咫砲貌れて通勤の行き帰りにずっと聴いています。

ゆずの二人とは、2年前にインタビュー取材をしたことがあり、これまでの仕事の中でも一番といっていいほど緊張しました。フランクに何でも話してしまう二人のことを監視するように、スタッフがまわりをかためていたので、ちょっと話しづらかったんですよね。でも、横浜(中でも、二人の出身地の岡村町)のことになると、本当に生き生きと話をしてくれて、「ああ、本当に横浜のことが好きなんだなあ」と思いました。

若いなあという印象の二人が「もうすぐ30才」なんていう歌を歌うのですから、知らない間にどんどん時が経っているのだなと、あらためて感じます。ちなみに、この「リボン」というアルバムで特に私が気に入っているのは、北川悠仁くん詞・曲の「しんしん」と、岩沢厚治くん詞・曲の「夕立ち」の2曲。どちらが作ったのかを意識しないで選んでみたら、偏ることなく、それぞれ1曲ということになりました。

そして、吉井さんの「BEAUTIFUL」。イエモンのサウンドを気に入っている人の中には「吉井さん、どうしちゃったの?」という声もあるようだけれど、多少の変遷はあれど、吉井さんはやっぱり吉井さんだし、あのメロディーラインは、ほかの誰にもまねができないなと。最初にまずかけてみたときよりも、聴きこんでいくほどに好きになっていく3曲が収められています。あー、私やっぱり吉井さんの曲、好きです。

BEAUTIFUL


kyoko0707k at 18:10│Comments(0)TrackBack(0) 音楽のこと | 仕事のこと

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔