2006年02月05日

今週の『金曜日のパスタ』は牡蠣とアスパラのパスタなど6種

牡蠣通勤途中に前を通るパスタ屋さんのポスターにあったのが、牡蠣とアスパラが上にのった、ガーリックオイル系のシンプルなパスタ。牡蠣は、今までクリーム系のソースにあわせることが多かったので、「ちょっとこれは新鮮!」と思って試してみました。

パスタの茹で上がりの1分前にアスパラを投入し、唐辛子入りのガーリックオイルでこんがりと焼いた牡蠣と合わせました。言ってみれば、ペペロンチーノにアスパラと牡蠣をのせたというふう。

牡蠣の味がとても生きていて、さっぱりとした味が◎。今回はオリーブオイル&ガーリックでしたが、バターだけというのもいいかもしれません。


ペンネチーズのクルル続いては、ショートパスタを2品。

セロリなどの香味野菜をたっぷり使ったミートソースのペンネと、らせん状にくるくる巻かれたフスィリ(クルルともいうみたい)で作った濃厚なチーズソース

ペンネは我が家でもおなじみだけれど、フスィリは初めて。「なんだか幼虫みたいだよねぇ」なんて、食事がまずくなりそうなことをいう輩もおりましたが、食べてみると食感が妙にはまります。これ、けっこう好きです、私。


バジルカルボナーラバジルのパスタは、カルボナーラ用のパスタを多く茹で過ぎたので、瓶詰めのバジルソースとオリーブオイルであえただけの簡単なもの。たまたま残っていたバジルの葉を上にのせました。

カルボナーラは定番中の定番だけれど、いつもよりおいしかったのは、かたまりのベーコンを使ったからかもしれません。じっくり焼いたので旨みがしみでていい味わいに。卵黄を入れる前に火を止めるのを忘れたので、一部スクランブルエッグ状になってしまいました(汗)。写真には撮らなかったけれど、夫も次男も刻み海苔をたっぷりかけて食べていました(このエピソードも以前に紹介済みですね。2〜3年前に取材した川崎のパスタ屋さんでカルボナーラ+刻み海苔のおいしさを伝授されました)

たらこおしまいは、バターとしょうゆ味がベースのたらこスパゲティ。これは1.4ミリの細めで作っています。

たらこをほぐしてほんの少しの料理酒としょうゆ、バター、塩・胡椒を加えてソースを作り、パスタのゆで汁も加えながら混ぜ合わせるだけの簡単さだけど、おいしいんですよね。和風味ってやっぱり日本人に合うみたい。

ついでにサラダも。ベビーリーフとクレソン、レタスの野菜にキドニービーズと生ハムを加え、シーザータイプのドレッシング(市販品です)をかけました。キドニービーンズ、昔(20年くらい前のこと)はとても高かったけれど、今はどこでも気軽に買えるし、値段も安くなりましたね。豆の中でもキドニーは特に好きなんです。チリビーンズもおいしいですよね。

キドニービーンズとクレソンのサラダ

金曜日は朝から猛烈な勢いで原稿を書き、メールのやり取りをし、午後3時からデザイン事務所に打ち合わせに出かけて21時前に帰宅。あ〜、これからパスタだぁと思ったりもしたけれど…

早めに帰宅していた夫が鍋という鍋にお湯を沸かし、パスタ作りに追われている私に「ハイ、ビール」と7対3にきれいに注いだビールのグラスを手渡してくれたことに感謝。

その前日の夜、受験生だというのに、「肩が凝ってて頭痛もする〜」と泣きを入れている私の肩を揉んでくれた次男に感謝。

そして、今日も家で情報誌にのせるグッズの物撮り(ぶつどり:物の撮影)をしていて、アングルやライティングに大わらわだった私が「あれ、電池が切れる!単3の電池持ってる人〜」と叫んだとたん、走って自分の部屋に行って単3電池を探してきてくれた長男に感謝!

いつもいつもバタバタしていて、早起きだって苦手な私に文句一つ言わない家族たちだから、せめて日々の夕飯や、金曜日のパスタくらいは一生懸命がんばろうと思うsallyです。

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ

kyoko0707k at 02:33│Comments(1)TrackBack(0) 今日の一品 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by miumiu バッグ 公式   2013年12月18日 18:34
“Yes, yes, Alyosha,” Natasha chimed in, “ he’s on our side, he’s a brother to us, he has forgiven us already, and without him we shall not be happy. I’ve told you already. . . . Ah, we’re cruel children, Alyosha! But we will live all three together. . . . Vanya!” she went on, and her lips began to quiver. “You’ll go back home now to them. You have such a true heart that though they won’t forgive me, yet when they see that you’ve forgiven me it may soften them a little. Tell them everything, everything, in your own words, from your heart; find the right words. . . . Stand up for me, save me. Explain to them all the reasons as you understand it. You know, Vanya, I might not have brought myself to it, if you hadn’t happened to be with me today! You are my salvation. I rested all my hopes on you at once, for I felt that you would know how to tell them, so that at least the first awfulness would be easier for them. Oh, my God, my God! . . . Tell them from me, Vanya, that I know I can never be forgiven now; if they forgive me, God won’t forgive; but that if they curse me I shall always bless them and pray for them to the end of my life. My whole heart is with them! Oh, why can’t we all be happy! Why, why! . . . My God, what have I done!” she cried out suddenly, as though realizing, and trembling all over with horror she hid her face in her hands.
miumiu バッグ 公式 http://aiibaby.com/s/miumiu2.php

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔