2005年12月24日

私のルーツは九州にある!?

九州、それも特に福岡周辺(佐賀も含む)の空気が好きです。夏は蒸し暑くて冬はどんよりと曇った日が多く、夜が明けるのも遅い。玄界灘の海は、太平洋とはまったく違って流れもきつくて厳しい感じを受けるのに…

私は千葉県の出身で両親のルーツをたどってみても九州には縁がないようなのですが、12〜13年前に夫の出張についていって初めて福岡を訪れたときに「ああ、ここはいつか私が住む街だ」と確信してしまったくらい、気に入ってしまったんですね。

それ以来、何度訪れたことか。昨年の12月にも、「おいしいものを食べに行こう!」という理由だけで、しかもたったの1泊2日で博多に出かけ、土曜の昼に「鰻のひつまぶし」を食べ、ティータイムに福岡で有名なケーキショップへ、夜は大名あたりの小料理屋で焼酎を1本キープして、イカ刺し、おこぜの唐揚げ、明太子が丸ごと1本入った玉子焼き…とひたすら魚を食べ続け、グランドハイアットに泊まり、翌日の昼には博多ラーメンとかしわ飯を食べて帰ってくる…という楽しい週末を過ごしてリフレッシュしてきました。

本当は、今年もぜひそれをしたかったのですが、土日にも仕事を抱えていてたった1泊2日が確保できず。次男の受験が本格的になる前の1月中に行ってきたいのですが、どうですかねー。太宰府天満宮で合格祈願をしてくるという大義名分で出かけてくるというのもいいかも!(今、それを思いついてニンマリ)

いつも福岡どまりになってしまうので、佐賀まで足を延ばしてポーセリンパークにも行ってみたいなあ。そうそう、太宰府に新しく博物館ができたらしいので、そこにも行かないと。
imari
この素敵なカップは、先週根岸の「柴原珈琲店」に立ち寄ったときに、コーヒーを入れてくださったもの。伊万里焼の鍋島、小笠原藤右衛門のカップだそうです。私が、「写真を撮ってくればよかった!」とメールをしたところ、わざわざ撮影して送ってくださいました。


sally
ちなみに、この写真はそのときの様子。こちらのカップは1杯目のグァテマラで、私がお気に入りなのを知っていて、必ずこのカップに入れてくれるんです。2杯目のとき、「伊万里焼の素敵なカップをいただいたので、それにしましょうか」と、小笠原藤右衛門のカップにしてくださいました。とても薄いので唇にあたる感じがよかったです♪

九州には素敵な焼き物がたくさんあるのも魅力です。
いつか1週間くらい休暇をとって、ゆっくりと旅行をすることを夢見て、今は仕事をがんばることにしたいと思います。





kyoko0707k at 12:55│Comments(0)TrackBack(0) つれづれなるままに 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔