2005年12月18日

なすのトマトソースなど定番パスタのオンパレード

なすとベーコン早めにオフィスを出るはずが、メールをチェックして返信したり電話をしなければならなかったりで、なかなか帰宅できず、昨夜も帰宅は21時。でも、金曜日ですもの、がんばらなくては!

だけど少々疲れすぎていて、これはというレシピが思い浮かばず、定番ばかり。これを「マンマのレシピ」というならば、それもそうなのだけれど…

なすのトマトソース
なすのほかに、ベーコンとソーセージも加えてボリュームアップ。上に白っぽく写っているのは、パルミジャーノ・レジャーノ。3センチ角でも400〜500円くらいするチーズですが、味は格別! シンプルなトマトソースと一緒だと特に味が際立ちます。リングイネで。

水菜サーディン牡蠣


水菜とじゃこ
すっかり我が家の定番になりつつあるメニュー。普通にペペロンチーノを作って、最後の仕上げに水菜とじゃこを加えてざっくりと混ぜ合わせます。茶目っ気を出して、人参・ほうれん草を練りこんだ3色のパスタを使って作ってみました(写真ではわかりませんね…)
プチトマトとオイルサーディン
オリーブオイルとサーディンのオイルでグツグツと煮えたプチトマトがちょうどよいトマトソースに変身する、sally一押しのパスタ。リングイネより細めのリングイネ・ピッコレで。
牡蠣とベーコンとほうれん草のカルボナーラ
寒さが増しておいしくなった牡蠣を使ったカルボナーラ。ベーコンでコクを出し、ほうれん草で彩を添えました。こちらもリングイネ・ピッコレで。

アボカド
実は、惑さんから教えてもらった「アボカドととろろのパスタ」を作る予定だったのですが、ちょうどよいころあいに熟したアボカドが手に入らず。少し若いものだったので、火を通してパスタソースにしてみたのですが…

アボカドとホタテのクリームソース
以前、イタリアンレストランのランチで食べたのが、アボカドを使ったクリームソース。「え?アボカドに火を通すの?それもクリーム?」と思ったのですが、けっこう美味だったんですね。それをまねして、ホタテと合わせてクリームソース仕立てにしてみました。クリームソースはハインツの缶詰をベースにして白ワインなどで味を調えました。…が、しかし若いアボカドは火を通してもやっぱりやわらかくはならないんですねぇ。味もなんだか青臭い感じで、私としては50点の出来。

アボカドサーモン

というわけで、上にスモークサーモンをのせてお色直しとあいなりました。青臭さが少しはごまかせたけれど、プラス10点というところかも。アボカドはそのまま食べるにしろ、調理をするにしろ、十分熟したものを使うのが大事みたいです!

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ


kyoko0707k at 01:06│Comments(0)TrackBack(0) 今日の一品 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔