2005年10月18日

父直伝、おいしい餃子の焼き方♪

ぎょうざたとえ冷凍の餃子でも、1箱100円の激安チルド餃子でも、もちろん手間ひまかけた我が家の特製餃子でも、おいしーく食べられる焼き方をお教えします♪

やかん(もちろん、鍋でもOK!)にお湯を沸かす。

フライパンを中火で熱し、薄く油をひいたら、餃子を並べる。

餃子がかぶるくらいの熱湯を入れてふたをし、強火にする。

そのまま強火で2分。

ふたをずらして、フライパンに残っているお湯を捨てる。
(餃子を落っことさないでね!)

餃子をきれいに並べ直し、サラダ油を餃子のすき間に入れ込むように加える。

再びふたをして強火で約2分。
(1分半くらいしたら、餃子の焼色を確かめてね)

出来上がり♪
※鉄のフライパンで、うまく餃子がはがれないときは、フライ返しでゴリゴリしてはいけません。布巾を水でびしゃびしゃに濡らして広げ、その上にフライパンをジュッと当てると、おもしろいくらいにキレイに餃子がはがれます。

ほら、普通の餃子の焼き方など、焼色をつけてから、お湯(水)を入れて、ふたをして蒸し焼きにするやり方でしょう? これはその反対なんです。

このやり方だと、外側の皮はカリッとしていて、中身はあくまでふんわり柔らか。本当に、どんな餃子でもすごーくおいしく食べられるんです。

ちなみにこの焼き方は、一人暮らしをしている78歳の父に去年教わりました! 母がなくなって11年になりますが、みそ汁に「だし」を入れることさえ(ましてや「だし」をとることなんて…)知らなかった父が、まあびっくりするほど手際よく料理をするのですから、驚きです。好奇心の旺盛さと、まめな性格が成せる技なのかもしれませんが、わが父のことながら、尊敬します(…と共に、忙しさを理由にほったらかしのわが身を反省)。

この焼き方、テレビの料理番組で覚えたとのこと。「100円の餃子が店の餃子みたいになるんだ!」と、私の目の前で焼いてくれました。あ、明日父に電話しようっと。

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ

kyoko0707k at 00:50│Comments(3)TrackBack(0) 今日の一品 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kingminoru   2005年10月18日 06:04
昨夜は我が家も餃子でしたが、このやり方はカミサンに教えます。
何といっても餃子大好きですからね。
2. Posted by mari   2005年10月18日 15:14
sallyさん、こんにちは!
我が家でもこの焼き方、やってますよ〜。
数年前、NHKの「ためしてガッテン」だったか、そのような番組でやってました。
私の実家の父も見てまして、「あれは実に理にかなったやり方だよ」などと、あの時もっともらしく言っていたのを覚えています。
年配の男性もトライできるおいしい料理法って、素敵ですよね!
ではまた!
3. Posted by sally   2005年10月19日 00:15
>kingminoruさん

こちらにまで、コメントありがとうございます。
餃子がお好きなんですね。ビールによく合いますね!(先生は焼酎派でしたっけ?)
この焼き方、ぜひお試しください。お料理やワインの好きなmariさんのところでも実行しているのですから、お墨付きです。

>mariさん

こんばんは! そうでしたか〜、mariさんとは「ここぞ」のポイントがいつもいっしょでうれしいです。mariさんのお父上と私の父、もしかしたら気が合うかもしれませんね。
私の父もね、「この方法は理にかなってるよなぁ」と言ってましたから。
風邪、治りました? お元気でお過ごしくださいね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔