2005年09月27日

荻原浩のデビュー作&続編

「神様からひと言」で注目した、荻原浩のデビュー作「オロロ畑でつかまえて」と、その続編ともいうべき、「なかよし小鳩組」を続けて読みました。

デビュー作の方は、あまりにユーモアの度が過ぎるような気がして「ちょっと軽すぎない?」と思いながら読んでいたのですが、クライマックスに向かうにしたがって、ぐんぐん読ませて最後にホロリとさせ、再びユーモアのオブラートに包んで、終わります。さすが、井上ひさし氏が「近頃まれな快作」と絶賛しただけありました。

そして「なかよし小鳩組」にいたっては、主人公のコピーライター・杉山と、別れた妻の元で暮らしている、ヤンチャな娘・早苗とのやりとりが絶妙で、本を読み終えるのがもったいなかったほど。

たぶん、荻原さんという方はサービス精神が旺盛なのでしょう。だから、普通に話を進めてもかまわないのに、いろいろなところに笑いの仕掛けを作っていて、しかもそれが上滑りしていないで、きちんと落とし込んでいる…ご自身がコピーライターとして活躍してこられたからこその、言葉やセンテンスに対する驚くほどの感度のよさが表れているのだと思います。

最近、書店では「荻原浩」コーナーができていて、スタッフの直筆のコメントなどが添えられていることが多いですね。それによると、今いちばん、ノッている作家の一人だそうです。


オロロ畑でつかまえて

なかよし小鳩組


kyoko0707k at 01:43│Comments(0)TrackBack(0) 本のこと 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔