2005年08月23日

石田衣良「LAST」

久々の石田衣良作品、仕事の合い間にのめり込んで読みました。

さわやかな青春小説や恋愛小説も手掛ける石田氏の作品の中で、かなりダークというかヘビーといったらいいのか、追い込まれた人ばかりを主人公に据えたビターな1冊です。でも、短編だから、どかーんとは来ないし、最後に救いのある作品もありました。

最後に石田氏が自分の作品の解説をしているのもちょっとおもしろい試みかも。日本ホラー小説大賞短編部門むけの作品をリライトしたもの(ベースの作品は最終選考に残ったけれど受賞はならず)や、朝日新人文学賞で最終選考に残ったものの落選した作品のリライトやらもあって、直木賞を受賞するまでには、いろいろと応募して苦労しているんだなあなんて、思ってしまいました。でも、いずれも最終選考まで残っているのだから、やっぱり実力があったってことなんですよね。あとは、運…なのかも。最近、つくづく思うのは「運も実力のうち」ってことですもの。

話が脱線しましたが、6つのビターな短編の中で、特に心に残ったのは、一時とても話題になったセックスボランティアをテーマにした『ラストジョブ』と、路上生活者(ここでは公園)の不思議な連帯を描いてどこか希望が見える『ラストホーム』の2作品。

それにしても、ちょっとしたことがきっかけで住宅ローンが払えなくなったり、自営業の人が経営難になって街金に手を出して追い詰められたりしてしまうこの世の中。気がついたら自分もこの深い闇に落ちていたなんていうことのないようにと、思わず両腕で我が身を抱いて、震えてしまいました。

大成功なんて望まないから、地道にまっとうに生きていくから、神様見守っていてね…そんなふうに思わずにいられません。

LAST (ラスト)


kyoko0707k at 23:31│Comments(0)TrackBack(0) 本のこと 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔