2005年08月18日

息子、モデルデビュー?

KEN2大学2年の息子が、原宿の行きつけの美容院でカットモデルを頼まれたと言っていたのですが、どうやら雑誌のモデルを頼まれたらしく…

衣裳の打ち合わせに行ったり、前もってサイドにエクステンションをつけたりと結構本格的。どんなふうになるのやらと思っていたら、先日撮影があり、カメラテストで使ったポラをもらってきました。それをちょっとスキャニングしてみたのがこれです。ふーん、へぇー、ちゃんとモデルっぽくなってるねぇ…と少し親バカ?

私は仕事上、撮影に立ち会うことが度々あるけれど、ライティングやら何やら、一つの撮影にも時間がかかって大変です。こうした世界をのぞくことができて、いい経験をしたのではと思います。

ちなみに私は、ついこの間、某情報番組に“声だけ”出演。ライターという仕事柄、いろいろな街のいろいろなネタを持っているでしょ?ということで、情報提供を頼まれ、思いついたのを出したら採用されてしまいました。でも、さすがに出演はいやだったので、電話の声のみ収録。女性アナウンサーとたくさんやりとりしたのに、ほんのちょっとしか放送されてなかったみたいですけど、おもしろい体験でした♪

kyoko0707k at 22:06│Comments(2)TrackBack(0) つれづれなるままに 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mari   2005年08月19日 16:11
おおっ! 息子さん、すごいハンサムさんではありませんか〜!
楽しみですね。
我が家の子ザルがこのくらいの年齢になるまでは、まだまだ遠い道のりだなあと思いつつ、見せていただきました。
sallyさんも声の出演、お疲れ様でした。
実は今日私も、録画の立合をしてきたばかりなので、偶然だなあと思いました。ではまた〜!
2. Posted by miumiu 財布 修理   2013年12月18日 18:56
The customers of this confectioner’s shop were mostly Germans. They gathered there from all parts of the Voznesensky Prospect, mostly heads of shops of various sorts: carpenters, bakers, painters, hatters, saddlers, all patriarchal people in the German sense of the word. Altogether the patriarchal tradition was kept up at Muller’s. Often the master of the shop joined some customer of his acquaintance and sat beside him at the table, when a certain amount of punch would be consumed. The dogs and small children of the household would sometimes come out to see the customers too, and the latter used to fondle both the children and the dogs. They all knew one another and all had a respect for one another. And while the guests were absorbed in the perusal of the German newspapers, through the door leading to the shopkeeper’s rooms came the tinkling of “Mein lieber Augustin,” on a cracked piano played by the eldest daughter, a little German miss with flaxen curls, very much like a white mouse. The waltz was welcomed with pleasure. I used to go to Muller’s at the beginning of every month to read the Russian magazines which were taken there.
miumiu 財布 修理 http://www.aquawave.jp/img/miumiu1.php

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔