2005年08月16日

「ボーン・アイデンティティー」

夫はお盆休み中ですが、私は相変わらず締め切りに追われる毎日で「どこか行こうよ〜」の誘いにもすげない返事をかえすばかり。
仕方なく夫はなにやら、いろいろとDVDを借りてきた様子。仕事が一段落ついた夜になって、その中の1枚、マット・デイモン主演の「ボーン・アイデンティティー」を観ました。

マッド・デイモンというと「グッド・ウィル・ハンティング」の孤高の天才役がとても印象深いですが、この映画でもそうした一面を垣間見せつつ、アクションをこなしていて、なかなかいいじゃん!という感じ。舞台がヨーロッパなので、アメリカのアクション映画のスピード感やハチャメチャな様子とは違った、押さえの効いたアクションという感じです。「自分は誰なんだ?なぜ追われる?」というアイデンティティー探しや、次から次へと展開していく場面に引き付けられて、一気に最後まで観てしまいました。

マッド・デイモンよかったです。ロバート・ラドラムの名作「暗殺者」の映画化というだけあって、筋立ても魅力的でした。でもね、「ラン・ローラ・ラン」の女優さん、フランカ・ポテンテでしたっけ? 彼女とマッド・デイモンの組み合わせはどうでしょう。ちょっと不似合いじゃないですか? それに二人のやりとりを観ていると、恋愛感情に発展するほどの深いものがなかったような気がして、その点が納得できないかなあと。あと、エンディングが少々、お粗末ではなかったかと。

この作品、続編があるんですってね。マッド・デイモンが出るなら、観てみたいです。

ボーン・アイデンティティー


kyoko0707k at 01:29│Comments(2)TrackBack(0) 映画&DVD 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ロボラビ   2005年08月16日 14:21
ここだけの話、マッド・デイモンの大ファンだったりして。

最初にグッとキタのが「グッド・ウィル・ハンティング」
ロビン・ウィリアムズが観たくて観た映画だったんですけど、
マッド・デイモンのアブナ気(危険な感じではなく)で
ほっとけない感じが何とも間に妬きついていて、
なんでしょう、永遠の幼さを持ってる感じ(良くも悪くも)
その後のオーシャンズ11は、個人的にはハマリ役な気が・・・

それにしても、ズイブン大人っぽく?
タクマシクなりましたよね。

ロボラビも、続編に
マット・デイモンが出るなら
観ますってカンジです。
2. Posted by sally   2005年08月18日 18:25
>ロボラビさん

お返事遅れてごめんなさい。少々へばっておりました。
マッド・デイモン、すごいハンサムというわけではないけれど、魅力ありますよね。「オーシャンズ11」はまだ観てないので、近いうちにぜひ借りてこようと思います。

ボーン・アイデンティティーの続編、ボーン・スプレマシーについては、調べて今日のブログに書いてみましたので、ご覧くださいませね。どうやら、第3弾もあるらしいですよ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔