2005年08月12日

柴田よしき「フォー・ディア・ライフ」

今日は、ほとんどオフと言っていい1日でした。本当は明日締め切りの原稿がけっこうあるので、前倒しで進めておけばいいのに、どうにもこうにもやる気が出ず…。まあ、今日は充電の日にしようと思い、久々の読書三昧♪ 

ここのところシャワーばかりだったので、浴槽にぬるめのお湯を20センチくらい張って半身浴をしながら、まず1冊目が、柴田よしきさんの「フォー・ディア・ライフ」です。

これは、新宿2丁目で24時間営業の無認可保育園を営みつつ、資金稼ぎのために探偵もしている通称ハナちゃんこと、花咲慎一郎が主人公のお話。このシリーズにはファンが多いと聞いていたので、とても楽しみにしていたのだけれど、やっぱりよかった! 登場人物たちが魅力的なのもそうだけれど、一見つながりのなさそうな2つの出来事がぴたっと結びつくあたりも、ストーリーに破綻がなくて、納得できます。

それにね、一つ一つのちょっとしたエピソードや、人物設計のようなものが、すべて伏線になっているところも、さすが柴田よしき作品だなあと感心してしまいました。

奈美先生への恋心を捨てきれないまま、温かく包み込んでくれる理紗への愛に傾いていくあたりのハナちゃんの心の機微の描き方も巧みです。

もう、すでに買ってある、ハナちゃんシリーズの第2弾「フォー・ユア・プレジャー」を早く読みたい!

フォー・ディア・ライフ



kyoko0707k at 01:01│Comments(3)TrackBack(1) 本のこと 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 柴田よしき『シーセッド・ヒーセッド』  [ mariの遊楽40life ]   2005年08月13日 11:50
このブログで初めて、本の話を書きます。 新宿二丁目の無認可保育園園長で、園運営費の赤字補填のため副業で探偵をやっている元刑事、「ハナちゃん」こと「花咲慎一郎」の活躍するシリーズの新刊、『シーセッド・ヒーセッド』が出ました。 柴田よしき氏は、刑事「村上

この記事へのコメント

1. Posted by mari   2005年08月12日 08:19
こんにちは!
ハナちゃんシリーズに、ついに突入されましたね。
私はこのシリーズが、柴田作品では一番好きです。
RENや斎藤などのRIKOシリーズと共通の登場人物が、違った側面を見せてくるところも好きです。
ではでは。
2. Posted by sally   2005年08月12日 17:36
mariさん、こんにちは。今は、夏休み中ですか?

ハナちゃんシリーズのことは、以前にもmariさんから聞いていたので、とても楽しみにしていたんです。
奈美先生も、理紗さんも、前の奥さんの麦子さんも、みんな素敵な女性でいいですよね。もちろん、ハナちゃんも愛すべき人物です。

今、すでに「フォー・ユア・プレジャー」に突入しました。斎藤企画の斎藤が出てきていて、今後どう絡んでくるのかも楽しみです。まだ、50ページくらいなので、読み終わったらご報告させていただきます(だけど、まだこの後の本は文庫になっていないんですよね…)
3. Posted by mari   2005年08月13日 11:48
そうなんです。まだ文庫はないですね。
数ヶ月前に『シーセッド・ヒーセッド』という中篇集が単行本化されたばかりです。
それと、『聖なる黒夜』というRENを主人公にした長編があるのですが(RIKOやハナちゃんは出ていません)、これがもしかしたら文庫化される可能性があるようです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔