2005年07月04日

怖い怖いお話。

阿刀田 高、宮部みゆき、高橋克彦、乃南アサ、鈴木光司、夢枕獏、小池真理子…7人の豪華メンバーによる短編ホラー「七つの怖い扉」。ほとんど好きな作家ばかりだったので、かなり期待して読んだのですが、期待の方向が間違っていたようで、「なんだかなあ」というのが正直な感想です。最後の1行に怖さがあって、みなどれも巧みなんですが、うーん。
ただ、女優の白石加代子さんによる語り下ろし公演「百物語」のための新作「七つの怖い扉」のために、書き下ろされたものだと知って、「そうか、そういう怖さの方向だったのね。しかも公演向けのね」と、納得した次第。
七つの怖い扉

で、「これこそ『怖い』ってことなんじゃない?」というおすすめの本が、前述の「七つの怖い扉」にも書いている乃南アサさんの「夜離れ(よがれ)」。人間て、女って怖いんだぞ〜ということが、見事に書かれています。心理描写の巧みさで評価の高い乃南さんならではの1冊です。
夜離れ


kyoko0707k at 03:19│Comments(2)TrackBack(0) 本のこと 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mari   2005年07月05日 10:43
こんにちは〜!
sallyさん、ワインがお好きなんですね!
私も大好きです。週末の家ワイン専門です。
それでブログでもワインのカテゴリーを設けましたが、残念ながらイマイチすすんでおりません。
sallyさんのブログ、楽しく羨ましく読ませていただきました。

さて『夜離れ』ですが、恐いですよね。「髪」なんて背筋寒くなっちゃいます・・・。
乃南アサさんとか柴田よしきさんとかは、女性の心理描写が上手で私も大好きです。
ではまた!
2. Posted by sally   2005年07月05日 19:15
mariさん、いつもありがとうございます!
そうなんです、ワインとビールが大好きなんです。
それで、週末は飲みすぎていつもヘロヘロです(笑)

mariさんは、フランスワインについて書かれてましたよね。
私は1にスペイン、2にイタリア、3は…おいしそうなら何でも試してみる!っていう感じでしょうか。

基本的に毎週末飲んでるわけなので、なるべく記録していこうかなあと。酔ってるので気合いがいるんですけどね。
1000円前後(いや、「未満」がほとんど!)のリーズナブルなワインばかりですが、参考にしていただけるとうれしいなあと思います。

それと、乃南アサさん。柴田よしきさんは初心者ですが、こちらはほとんど読んでます。音道貴子シリーズも大好きです。
本当に、mariさんとは、気が合いそうでうれしいです♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔