2005年12月

2005年12月31日

皆さん、よいお年を!

fecbb0b7.jpg紅白、白組が勝ちましたね。

SMAPの歌った「Triangle」の歌詞が胸にしみました。

皆さま、どうかよいお年を!
来年は穏やかで実りある年でありますように。

kyoko0707k at 23:56|PermalinkComments(6)TrackBack(0)携帯通信 

蓮見圭一「水曜の朝、午前三時」

どうも代謝が落ちているようで、それも体調の悪さに関係しているのではと、半身浴をしたところ、大量の汗が吹き出して何だかすっきり。そうか…ここのところ、お風呂に入っても汗が出るほど温まっていなかったのだなあと納得。日々のことに追われていると、そんな当たり前のことにさえ、気づかなくなっているんですね。こんなことではいけないと、2005年が終わろうとしている今頃になって、反省している私です。

あらあら、前置きが長くなりました。それでね、半身浴のいいところは、汗(&老廃物)が出てすっきりすることだけではなくて、本が読めること。読みかけだった、蓮見圭一氏の「水曜の朝、午前三時」を読み終わりました。ああ! 本をまともに読んだの、本当に久しぶりです。

この作者の本は初めてですが、この作品は単行本で刊行されたときに、ベストセラーになったそう。45歳で亡くなった翻訳家で詩人の女性が、亡くなる直前に病院でテープに吹き込んだ若き日の恋物語が主軸となって話が進んでいきます。

舞台は1970年の大阪万国博覧会。当時、彼女は23歳。燃えるような恋をしながらも、ある事実を知ったときに彼との別れを決意して別の人との結婚を選びます。

主人公の直美はとても魅力的です。情熱的なところは、辻仁成の「サヨナライツカ」の沓子を思わせます。その恋が成就しないところもどこか似ています。

だけど…私は沓子のほうが好きだし、この作品にはそんなに感動できなかったなあというのが本当のところです。人生そのものに対する示唆に満ちた直美のメッセージは心にしみるのだけれど、ラブストーリーとしては、中途半端な印象を受けます。恋をあきらめた「ある事実」についても、書き込みは足りなかったのではないかと。

「号泣した」「これまでに出会ったことのないラブストーリー」「切なさが胸にしみる」などと絶賛された作品らしいのですが、どうして私の心にしみてこなかったのか、少々不安になってしまうほど。でもね、「サヨナライツカ」では、まさに号泣。しゃくりあげて泣いてしまって収拾がつかないくらいだったんですもの。

結局、心の琴線にふれるかどうかは、人それぞれなのでしょうね。

水曜の朝、午前三時


kyoko0707k at 01:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0)本のこと 

2005年12月30日

すでに気持ちはお正月!?

筑前煮「あれ? もう、お節の煮物?」と思った人は、早合点です。これは昨日の夕飯。暮れの29日だというのに取材の下見にひたすら歩いていた私は相変わらず帰宅が遅く、おまけに頚椎(&腰椎)の調子もいまひとつ。手早くできる料理で野菜もたくさん食べられそうなもの…と考えて、「鉄火丼&筑前煮」にしました。

筑前煮って手間がかかりそうと思うでしょ? だけど、これ冷凍の「和風野菜」(里芋、人参、ごぼう、れんこん、いんげん、椎茸が入っているもの)を使っているから超お手軽なんです。

鶏もも肉のぶつ切りを炒める⇒こんにゃくを手でちぎって加え、さらに炒める⇒冷凍野菜も投入し、さらに炒める⇒だしと調味料を加える⇒ふたをして中火で煮る。

ね? 下ごしらえがいらないから、簡単でしょ。

鉄火丼20時を過ぎて、スーパーで半額になっていたマグロの赤身を2さくと、イカ刺しを1皿を、刻んだ大葉とごまを混ぜた酢飯の上にのせただけの鉄火丼に、味噌汁を作っておしまい。

明日から1月3日までの5日間は、なるべく仕事のことを考えないでのんびりしたいです(4日が仕事はじめなんです。南青山の会社の)…が、今度はおせちの準備! 明日は買出しと下ごしらえで1日が終わりそうですーっ。

☆私の夢☆
大晦日の午後から読みたかった本を抱えて温泉宿に泊まる。1月3日まで温泉三昧。上げ膳据え膳。あと10年くらいしたら、こんなお正月を迎えてもバチがあたりませんかね?

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ



kyoko0707k at 02:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)今日の一品 

2005年12月29日

西船珈琲研究所のB・L・T・Tサンド

e5092a53.jpg久々に遠回りして西船珈琲研究所でひと休み♪

朝から何も食べていなかったので、これから夕飯だというのにサンドイッチを注文。

どうしてB・L・T・Tかというとフレッシュトマトとドライトマトが入っているからなんですって。

珈琲はバランス系を選びました。

kyoko0707k at 19:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)携帯通信 

東福寺の釣り鐘

a05815f7.jpgこれは新江古田駅から5〜6分のところで見つけた東福寺の釣り鐘です

境内がとても美しく、まるで観光地に来たよう!

今日は29日。レストランや雑貨屋さんなどは休みだし新年も7日から営業だったり。

原稿の締切は12日なのにいつ取材をすればいいのでしょう…

kyoko0707k at 17:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)仕事のこと | 携帯通信

新江古田の氷川神社にて

e7a9fa2f.jpg取材の下見で新江古田の街を歩き、氷川神社と書かれた立派な神社を発見!

お宮さんを見つけるとお詣りせずにはいられない私。この街でも素敵な出会いがありますように、いい記事が書けますようにとお願いしました



kyoko0707k at 17:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

寒い夜にうどんすき

af141113.jpg夫が関西出身なので我が家の鍋物で一番多く登場する、うどんすき

正統派のやり方は昆布だしのつゆに蛤を入れて、まず蛤を味わう。貝のだしが出たつゆに他の具材を入れる…なのだそうですが、昨日は蛤は省略しました

kyoko0707k at 15:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

2005年12月28日

「HI-TEC-C coleto」はいいかも!

1a5d9f5a.jpg頚椎の調子がいまひとつです(涙)

今日で会社は仕事納めですが明日は街歩きの取材で新江古田に行く予定。年末進行が一段落してもまだまだ仕事は終わりません!

写真はやっと買えたハイテック コレト。私の好きなゲルインクのペンがカスタマイズできる優れ物です。

本当はSARASAのほうが書き味も気に入っているし、色も豊富にそろっているのだけれど、こうしたカスタマイズ仕様のものはなくて残念! せっかく買った3色ペンも青の色が暗すぎてどうも馴染めず…。

とりあえずは、あと2色好きな色の替え芯と本体1本を買って、2色ペン×2本を持ち歩くことで手打ちとすることにしましょう☆

kyoko0707k at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(1)携帯通信 | つれづれなるままに

2005年12月25日

おもちゃの大和

大和1我が家の黒ラブ・大和も昨日はみんなに遊ばれ放題!

UFOキャッチャーでゲットしてきたぬいぐるみが被っていた帽子(?)を被せられても、ちっとも嫌がらずに、みんなにかまわれていることが嬉しい様子。

さらには、ワインまで飲んでみろと促されてペロリとしたものの、こちらは気に入らなかったみたい。



大和2それにしても、このふかふかの布団の厚さ! ラブは暑さには弱いけれど寒さには俄然強いはずなのに、本当に寒がりな大和です。

夜にフリースの毛布を頭からかけると、そのまま眠っているくらい。

kyoko0707k at 13:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)つれづれなるままに 

ご馳走が並ばなくても…

生ハムメロン椎間板ヘルニアというと、たいてい腰椎のことを思い浮かべると思いますが、頚椎のヘルニアもあるのをご存知ですか?

まあ、結局は職業病みたいなものですが、いつもはちょっと首が痛いとか、肩が張る感じ程度ですんでいるのに、2〜3年に1度、今ごろの時期になるとどかーんときます。

で、それがついにやってきてしまい、寝返りも打てないありさま。本当はパソコンのキーボードなんて触ってちゃいけないらしく、「上を向いて寝ていなさい」と昨日整体の先生に叱られたのですが…

唐揚げちらし寿司そんなトホホなクリスマスイヴだったので、手抜きな夕飯となりました(本当はピザでもとろうよーと言ったのですが「えー!」の大合唱だったもので)。
でも、よく考えてみると最近、「ハレとケ」の差がなくなったというか、クリスマスだからって張り切るのもなんだかねぇって思ってしまいます。昔はちゃんとクリスマスケーキも手作りしたのだから、これって単に子どもが大きくなってしまったからなのかもしれません。それにね、私にとっては、毎週金曜のパスタの日が「ハレの日」なわけで…。

スープガーリックトースト生ハムメロンあり、サーモンといくらをのせたちらし寿司ありの食卓なのに、キャベツとプチトマト、ソーセージを入れたスープ&ガーリックトーストが並ぶという脈絡のなさ! 

つまり食べたいものを作って並べただけなんです。でも、コンソメ顆粒を入れて作っただけの簡単スープだったけれど、ガーリックトーストを浸して食べるととてもおいしかった! チューリップ(鶏)の唐揚げ&フライドオニオンはお手製だけど、定番のローストチキンは市販のものを買ってきちゃいました(長男は、半分以上残してました。本当にこの息子は買ってきたものがキライなんです)

チキンだけど、18歳&20歳になった息子たちよ! クリスマス・イヴに家にいるようでいいのかしらん? 
私が君たちの年齢のときは、「せっかくご馳走を作ったのに、クリスマス・イヴを家で過ごさないなんて!」とものすごい剣幕で母親に叱られて大喧嘩したもんです(ちなみに相手は現在の夫です。あしからず…)

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ



kyoko0707k at 12:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)今日の一品 

2005年12月24日

1.9ミリパスタでなつかしのミートソース

ミートソースほうれんそうとベーコンサーモンとアスパラ

あさりナスのトマトソースいなだのカルパッチョ

恒例の「金曜日のパスタ」、昨日は家族全員がそろっていたので張り合いがありましたが、シェフとしては忙しさもピカイチでした。

だってコンロは3つしかない。パスタを茹でるには細いものでも7分程度はかかるし、その前にお湯をわかさないといけない。しかも1回にゆでる分量は400グラム(つまり2種類のソース)が限界。やかん2つも総動員してまずはお湯を沸かしておいてから、次々にソースを仕上げていき、しかもすべてアルデンテでサーブするわけなので、私は結局最後の1種類しか出来立てを食べられないというわけ。

まあね、お皿を置いた瞬間にだっと手が伸びて次々になくなっていく様子を見たら、作りがいがあるってもんです。しかも5〜6年も続いている行事(?)だというのに。「いつか、私は座っているだけで、次々にパスタが出てくる…というのを誰かやってくれないかな?」と言ったら、夫いわく「それは、そういう嫁さんを息子たちがもらってくれればいいのさ」と。

先が長い話ですねぇ。それより、来年の母の日にでも、息子たちが「パスタ担当」をやってくれないかなぁ。(お皿とフォークすら並べないのだから、私は育て方を間違ったんだと思います・汗)

ミートソース
たぶん何年ぶりかの1・9ミリのパスタ。やっぱりこれにはミートソースしかないでしょうということで、玉ねぎ、セロリ、人参などの野菜をたっぷり入れたミートソースを作り、ぜいたくにもパルミジャーノ・レジャーノ(チーズ)をかけました。「これはうまい!」と夫が絶賛。きっと郷愁を誘う味だったに違いありません(笑)
ほうれん草とベーコンのガーリック風味
ニンニクと唐辛子を炒めて香りが出たところで、ベーコンときのこを投入。茹でたてのパスタと、サラダほうれん草を加えて塩・コショウで味を調えます。リングイネ・ピッコレ(私はこのパスタが一番好き♪)で。
サーモンとアスパラのファルファーレ
今回買ったファルファーレ(蝶みたいなリボンみたいなパスタ)は、少し小ぶり。キングサーモンに日本酒をふってレンジにかけてほぐしたものとアスパラ、椎茸を入れてクリーム仕立てにしたのですが、サーモンの分量が多すぎたみたい。ホワイトソースもちょっと多めで全体のバランスがイマイチ。クリームソース系ってトマトよりも難しいです。
あさりのコンソメ仕立て
あさりがとても安かったので、仕上げにしょうゆも加えてさっぱり味のスープパスタ風に。トッピングの青ねぎも正解でした。1.7ミリのパスタで。
ナスのトマトソース
定番中の定番、ナスのトマトソースです。コクを出すためにベーコンを加え、パスミジャーノ・レジャーノをおろして加えました。普通のパルメザンの粉チーズよりもやっぱりおいしいです。こちらも1.7ミリのパスタ。
イナダのカルパッチョ
イナダが柵で売っていたので、カルパッチョにしてみました。すりおろしたニンニクとわさび、オリーブオイル、レモン汁、塩、コショウ、しょうゆをボールに入れ、サラダ菜やきゅうりを加えて手で混ぜてなじませ、イナダを入れてサッと混ぜたら出来上がり。

*携帯のカメラの設定を「日付入り」にしたままだったので、鬱陶しいですね…ごめんなさい。

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ





kyoko0707k at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日の一品 

私のルーツは九州にある!?

九州、それも特に福岡周辺(佐賀も含む)の空気が好きです。夏は蒸し暑くて冬はどんよりと曇った日が多く、夜が明けるのも遅い。玄界灘の海は、太平洋とはまったく違って流れもきつくて厳しい感じを受けるのに…

私は千葉県の出身で両親のルーツをたどってみても九州には縁がないようなのですが、12〜13年前に夫の出張についていって初めて福岡を訪れたときに「ああ、ここはいつか私が住む街だ」と確信してしまったくらい、気に入ってしまったんですね。

それ以来、何度訪れたことか。昨年の12月にも、「おいしいものを食べに行こう!」という理由だけで、しかもたったの1泊2日で博多に出かけ、土曜の昼に「鰻のひつまぶし」を食べ、ティータイムに福岡で有名なケーキショップへ、夜は大名あたりの小料理屋で焼酎を1本キープして、イカ刺し、おこぜの唐揚げ、明太子が丸ごと1本入った玉子焼き…とひたすら魚を食べ続け、グランドハイアットに泊まり、翌日の昼には博多ラーメンとかしわ飯を食べて帰ってくる…という楽しい週末を過ごしてリフレッシュしてきました。

本当は、今年もぜひそれをしたかったのですが、土日にも仕事を抱えていてたった1泊2日が確保できず。次男の受験が本格的になる前の1月中に行ってきたいのですが、どうですかねー。太宰府天満宮で合格祈願をしてくるという大義名分で出かけてくるというのもいいかも!(今、それを思いついてニンマリ)

いつも福岡どまりになってしまうので、佐賀まで足を延ばしてポーセリンパークにも行ってみたいなあ。そうそう、太宰府に新しく博物館ができたらしいので、そこにも行かないと。
imari
この素敵なカップは、先週根岸の「柴原珈琲店」に立ち寄ったときに、コーヒーを入れてくださったもの。伊万里焼の鍋島、小笠原藤右衛門のカップだそうです。私が、「写真を撮ってくればよかった!」とメールをしたところ、わざわざ撮影して送ってくださいました。


sally
ちなみに、この写真はそのときの様子。こちらのカップは1杯目のグァテマラで、私がお気に入りなのを知っていて、必ずこのカップに入れてくれるんです。2杯目のとき、「伊万里焼の素敵なカップをいただいたので、それにしましょうか」と、小笠原藤右衛門のカップにしてくださいました。とても薄いので唇にあたる感じがよかったです♪

九州には素敵な焼き物がたくさんあるのも魅力です。
いつか1週間くらい休暇をとって、ゆっくりと旅行をすることを夢見て、今は仕事をがんばることにしたいと思います。





kyoko0707k at 12:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)つれづれなるままに 

久々に激辛カレー作りました♪

カレーライスブログの更新がままならなかった今週ですが、きちんと写真は撮ってあったので、振り返ってご報告します♪

年明けから次男の受験モード(音大・声楽科志望)に入るので辛いもの&ナスは当分お預けになりますが、年内は解禁ということなので、先日から激辛キムチ鍋を作ったりと“辛いものモード”に入っている我が家。「カレーが食べたい!」というリクエストが来たので、牛すね肉のかたまりを使ってカレーを作りました。

すね肉を煮込むのは本当に時間がかかるし、玉ねぎをあめ色になるまで炒めるのは1時間近くかかって大変なのですが、前日の夕飯の支度をしながら同時進行でしてしまえば、苦になりません。夜中も我が家には次の日のためのカレーのにおいが漂っていましたが、時間をかけただけあって、味はよかったですよー。トマトのホール缶も1缶、先週末に飲み残した赤ワインも1カップ程度入っていて、肉をやわらかくするのに一役かってくれました。

すね肉を1キロ近く使って作ったのに、写真のようにホロホロにほぐれてしまって、原型はほとんどとどめず。仕上げにガラムマサラを大さじ2杯くらい(もっとかも)入れているので、飲み物なしでは食べられない辛さです。椎茸やエリンギなどのキノコも入れてみました。

コールスローサラダはヨーグルトも加えてやわらかな味に仕上げたコールスロー。きゅうりがなかったので、サラダ用のほうれん草を加えました。

次にカレーが作れるのは春になった頃かな…
次男よ、体調をととのえて悔いのないようにがんばってね。

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ


kyoko0707k at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日の一品 

2005年12月23日

買い物に行かずの特大海老フライ

23b91e51.jpg年末進行で締切の嵐。書きたいことは山ほどあれど更新出来ずにいました。

これは昨夜の海老フライ。朝からPCの前にかじりつき気が付いたら夜の9時。

買い物に出る気力もなく冷凍室の海老をフライにしておしまいです…

kyoko0707k at 18:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

2005年12月20日

ほっこりミネストローネ

36677508.jpg昨日のミネストローネの材料は…

ニンニク、玉ねぎ、長ネギ、人参、大根、白菜、ナス、セロリ、トマト、キャベツ、ガルバンゾービーンズ、雪の結晶を型どったパスタ、パセリ

つまりは冷蔵庫の整理ですね

『食べるスープです』そんなコピーを思い出しました

kyoko0707k at 09:48|PermalinkComments(3)TrackBack(0)携帯通信 

二つの味のハンバーグ

f235f7ac.jpgいつもは大きいのをドーンと一つ作るハンバーグ。

タネを二つに分けて、一つはデミグラスソース&目玉焼、もう一つは大根おろし&ぽん酢醤油にしてみました。

小さく作ると中までちゃんと火が通りやすいのがいいですね!

kyoko0707k at 09:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

2005年12月19日

パイの中身はこんな感じ♪

0ec62269.jpgりんごが紅玉じゃなかったのでレモン汁を多めに入れて酸味をプラス。

仕上げに自家製ラムレーズンを加えるのがsally流。パイの中身はこんな感じです。

パイ生地は市販の冷凍のを使っているからすごーく簡単!シナモンはお好みで。

kyoko0707k at 08:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)携帯通信 

アップルパイにはアイスクリーム

fb864ee1.jpgりんごをいただいたので夕飯の後片付けをしながらコトコト煮てアップルパイを焼きました。

甘酸っぱい香りに誘われて顔を出した息子たち。

アップルパイにはバニラアイス!ということで深夜にコンビニに走ってくれて、はい、この通り。

kyoko0707k at 07:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)携帯通信 

2005年12月18日

週末はやっぱり居酒屋メニュー

大根の煮物お酒が解禁となる週末はどうしてもメニューがお酒に合うものということになり、つまりは居酒屋風になってしまいます。

この煮物は、週末としてはきちんと作ったほうかも。大根はお米のとぎ汁で下ゆでしたので、えぐみが抜けて味もしみこみやすく柔らかな味に。「その鶏団子はどこかで見たぞ!」というアナタは鋭い! 先日の中華スープにも使ったもので、時間のあるときにまとめて作ってさっとゆでて冷凍しておいたものです。れんこんもこの間のきんぴらのときの残り。でも、きんぴらと違ってゆっくりと炊いた煮物はまた、一味違ったおいしさですよね。

はんぺんのピザ続いて登場は、はんぺんのピザ。

はんぺんの上にケチャップ(あればピザソース)を塗って、ピザ用チーズをのせてオーブントースターで焼くだけなのですが、けっこうイケます。マリーシャープスのハバネロソースを忘れずに(別にタバスコでもいいんですけどね。我が家はマリーシャープス!)

カプレーゼモツァレラチーズの代わりに、重しをして水気を抜いた木綿豆腐を使った、カプレーゼ。

うわさには聞いていたけれど、初めて作ってみて、本家の味と遜色ない味にびっくり。できるだけ水気をしっかり切ったほうが、食感がモツァレラに似るようです。トマトとバジルの組み合わせと、仕上げのエキストラバージンオリーブオイルで、日本の伝統の味が一気にイタリアンに変身です!

マグロ刺身いか納豆チンジャオロース
そのほかのメニューは、柵で買ったマグロのお刺身やいか納豆、チンジャオロースーなど。牛肉に下味をつけるときに、塩・コショウ、日本酒、しょうゆ、片栗粉に加えて卵も混ぜこんでみたら、肉がとても柔らかくなりました。味付けはXO醤やオイスターソースなどを適宜加えて自己流で。ちょっと高かったけれど、パプリカ(赤)を加えたら、少し華やかになりました。

ちなみにワインはスペインのシグロの白(2004)。ボトルを麻で巻いてあるのが、印象的なので、知っている人も多いのでは? すっきりとしていて、それでいて深みのある味わいは、sally好みでした。

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ

kyoko0707k at 23:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)今日の一品 

ブロッコリーをおいしく食べる!

a2502cdd.jpgシチューやグラタンに入れたり、バターで炒めて付け合わせにしたりと大活躍のブロッコリー。

だけど息子たちはどうもあまり好きではない様子。

茹でたブロッコリーに鮭フレークをのせてマヨネーズをかけてみたら、これが大好評! お試しあれ♪

kyoko0707k at 11:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)携帯通信 

なすのトマトソースなど定番パスタのオンパレード

なすとベーコン早めにオフィスを出るはずが、メールをチェックして返信したり電話をしなければならなかったりで、なかなか帰宅できず、昨夜も帰宅は21時。でも、金曜日ですもの、がんばらなくては!

だけど少々疲れすぎていて、これはというレシピが思い浮かばず、定番ばかり。これを「マンマのレシピ」というならば、それもそうなのだけれど…

なすのトマトソース
なすのほかに、ベーコンとソーセージも加えてボリュームアップ。上に白っぽく写っているのは、パルミジャーノ・レジャーノ。3センチ角でも400〜500円くらいするチーズですが、味は格別! シンプルなトマトソースと一緒だと特に味が際立ちます。リングイネで。

水菜サーディン牡蠣


水菜とじゃこ
すっかり我が家の定番になりつつあるメニュー。普通にペペロンチーノを作って、最後の仕上げに水菜とじゃこを加えてざっくりと混ぜ合わせます。茶目っ気を出して、人参・ほうれん草を練りこんだ3色のパスタを使って作ってみました(写真ではわかりませんね…)
プチトマトとオイルサーディン
オリーブオイルとサーディンのオイルでグツグツと煮えたプチトマトがちょうどよいトマトソースに変身する、sally一押しのパスタ。リングイネより細めのリングイネ・ピッコレで。
牡蠣とベーコンとほうれん草のカルボナーラ
寒さが増しておいしくなった牡蠣を使ったカルボナーラ。ベーコンでコクを出し、ほうれん草で彩を添えました。こちらもリングイネ・ピッコレで。

アボカド
実は、惑さんから教えてもらった「アボカドととろろのパスタ」を作る予定だったのですが、ちょうどよいころあいに熟したアボカドが手に入らず。少し若いものだったので、火を通してパスタソースにしてみたのですが…

アボカドとホタテのクリームソース
以前、イタリアンレストランのランチで食べたのが、アボカドを使ったクリームソース。「え?アボカドに火を通すの?それもクリーム?」と思ったのですが、けっこう美味だったんですね。それをまねして、ホタテと合わせてクリームソース仕立てにしてみました。クリームソースはハインツの缶詰をベースにして白ワインなどで味を調えました。…が、しかし若いアボカドは火を通してもやっぱりやわらかくはならないんですねぇ。味もなんだか青臭い感じで、私としては50点の出来。

アボカドサーモン

というわけで、上にスモークサーモンをのせてお色直しとあいなりました。青臭さが少しはごまかせたけれど、プラス10点というところかも。アボカドはそのまま食べるにしろ、調理をするにしろ、十分熟したものを使うのが大事みたいです!

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ


kyoko0707k at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日の一品 

2005年12月16日

具だくさんの中華スープ

スープ連日、午後10時過ぎの帰宅で夕飯がどんどん簡単に…(手抜きと言わずに、“簡単”と言わせて!)

野菜が足りなくなりがちなので、昨日は鶏団子を入れた中華スープを作りました。まずはお鍋にお湯を沸かして白菜、人参、長ネギ、椎茸、大根を入れ、冷凍してあった鶏団子を加えて鶏がらだしの素も投入。別のお鍋でさっとゆでた葛きりを入れたらお酒と塩、胡椒、ほんの少しのしょうゆで味を調え、仕上げにほうれん草を入れて出来上がり(写真ではほうれん草が下に隠れて見えませんね…)。

普通のお椀に見えるかもしれませんが、これはお雑煮などの時に使うどんぶりみたいに大きなお椀です。こんな温かな汁物があるだけでも、ほかは簡単なおかずなのに、ちょっと幸せな気分になれるから不思議です。

実は今はまだ南青山のオフィスにいます。今日は仕事をおしまいにして帰るつもり。パスタ、何を作ろうか考え中。明日の日記をお楽しみに♪

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ

kyoko0707k at 18:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日の一品 

根岸の八幡神社と柴原珈琲店

4f26ee1b.jpgライターの仕事がらみで朝から磯子・根岸方面へ出かけています。

帰り道はバスに乗らずに20分ほど歩き、八幡神社でお詣りをしてから大好きな柴原珈琲店に立ち寄りました。

コントラバスの奏でるカノンを聴きながらグァテマラを2杯。充電完了です!



八幡神社

*ちなみに、この八幡神社には2年前の長男の大学受験の前にも訪れ、絵馬にお願い事を書いた思い出深くありがたい神社です。

次男の受験もどうか首尾よくいきますように…

kyoko0707k at 13:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

2005年12月15日

午後11時のヒレカツ〜その3〜

00f48ef3.jpg移動中に携帯からの投稿なのでバラバラとごめんなさい!

時計はやがて日付が変わりそうな時間になり…

長男が「これ、カツ丼にできない?」と一言。

次男まで「あ、僕も」

…で、カツ丼作りました!

kyoko0707k at 12:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

午後11時のヒレカツ〜その2〜

2fcf9613.jpgサラダはボールに刻んだ野菜をどんどん入れて、塩・胡椒・すりおろしのニンニク・レモン汁・オリーブオイルを加えて手で混ぜるだけの簡単なもの。

だけど野菜にドレッシングの味がなじんでおいしいんです♪

kyoko0707k at 12:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

午後11時のヒレカツ〜その1〜

dd3b1b96.jpg昨日は企画・広報の仕事の後、ライターの仕事の打ち合わせがあり22時半に帰宅。

それから夕飯の支度となり、衣をつけて揚げるだけのヒレカツに。

遅い時間に揚げ物はよくないけれど、簡単なわりに充実感があるでしょ?

kyoko0707k at 12:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

2005年12月14日

激辛キムチ鍋

18debb03.jpgしばらくは辛いもの解禁となった次男の希望で、昨日はキムチ鍋に。

豆板醤を1/2瓶、コチジャンを大さじ4〜5杯。

それはそれは辛い鍋に家族で舌鼓。咳き込んでる人もいましたが…(笑)

寒波襲来の夜も汗だくです!

kyoko0707k at 13:27|PermalinkComments(4)TrackBack(0)携帯通信 

2005年12月13日

ツナとれんこんのきんぴら

れんこんのきんぴら先週は、1週間にパーティーが3つもあり、一つは主催者側だったりもして、その準備におおわらわ。料理が好きな私ではありますが、さすがに手抜きのオンパレードで、少々こちらの方でもストレスがたまっておりました。
*ブログの更新も、移動中に携帯で行なっていたので、読みづらくてすみませんでした!

それで、今週は仕事も家のことも、少し体制を整えることを中心に考えてみようかと…。食事面ではやっぱり先週は圧倒的に野菜が足りなかったみたいなので、今日はブロッコリーやカリフラワーをゆでで、温野菜のサラダにしたり、具沢山の味噌汁を作ったりしたのですが、思いがけず好評だったのが、この「ツナとれんこんのきんぴら」です。

立ち寄ったスーパーのお惣菜コーナーをのぞいたら、ポテトサラダやおからなどと一緒にれんこんのきんぴらがあったんです。よく見ると、プライスカードに「れんこんとツナのきんぴら」と書いてあって…。買っても絶対に家族が食べないので(器に入れ替えても、買ってきたものだとばれてしまう!)、お惣菜は買わないのですが、たまにのぞいて、レシピの参考にするんですね。で、「へぇー、ツナとれんこん?しかも甘辛?」と思ったのですが、ちょうど冷蔵庫にれんこんがあったのを思い出し、やはり買い置きのツナ缶と人参で、試してみることにしました。

作ってみると、ツナがちょうどよくれんこんにからまって、味に深みというかアクセントをつけてくれるんですね。今まで、牛の切り落としなどを少し入れてきんぴらを作っていたけれど、もしかするとツナのほうが合うかも! 最初からタカの爪(唐辛子)を入れると、辛味が強すぎるので、仕上げに近くなってから加えたのもよかったようです。お惣菜コーナーを見くびってはいけませんね。

唐揚げお刺身ちなみに、そのほかのメニューは、定番の鳥の唐揚げ、見切り品で半額になっていたお刺身など…。

珍しく21時半には家族全員がそろったので、みんなでいっせいに食卓を囲んでの食事となりました。4合炊いたご飯が空っぽで、みんな、家で食べる普通のご飯に飢えていた様子。こういうのを本当の幸せって言うんでしょうね!

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ

kyoko0707k at 02:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日の一品 

ANANASのアップルシュトゥルーデル

259f32b1.jpg次男の所属するコーラス部の定演が、10日に大宮のソニックシティの大ホールで開かれ、無事終了。全国大会で1位という成績のためもあって、当日券の売れ行きもよく、合計で2100枚のチケットが売れたとのこと。第3幕のフォーレのレクイエムも、なかなかの出来だったと思います。コンクールが終わってからの1か月であそこまで仕上げたのだから、お見事! これで、始発で出かけ、夜の10時ごろに帰宅するという3年間の部活動の日々が終了し、本人以上に母親の私がホッとしています。

翌日は、大宮パレスホテルにて親子&先生&先輩がそろっての打ち上げパーティー。先輩を送る後輩たちが涙、涙でこちらまでもらい泣き…。私は女子校だったけれど、やっぱり同じようにコーラスに明け暮れ、最後はこうして後輩たちに大泣きされて送られたなあ…なんて、そんなことも思い出しました。

いじめとか、けんかとか、殺人とか…世の中には物騒なことが多いですが、そんなこととは無縁でひたすら好きなことに没頭できた息子は幸せだったと言えるでしょう。よき指導者、よき先輩、よき仲間、よき後輩に恵まれた息子に乾杯♪ これから3月まで、いよいよ受験だけれど、がんばってほしいなあと思います。

さて、本題です。大宮の「駅なか」で、思わず買ってしまった“ANANAS”のアップルシュトゥルーデル。サクサクのバターデニッシュ生地の中に、りんごとレーズン、そしてクリームがミックスされたフィリングがたっぷり詰まっていて、それはそれは美味でした。デニッシュ生地の側面にクラッシュしたナッツがまぶされていたのもサクサクした食感をアップさせていて◎!

息子のために買ったチョコクロワッサンもかなりの高得点だった様子。なかなか大宮に出る機会がないけれど、ぜひまた立ち寄りたいお店でした♪

kyoko0707k at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

2005年12月10日

パスタはまだまだ続く…

142b16cf.jpgすでに時間は午前0時をとっくに回り、それでも我が家のパスタは続きます…

3つ目はスモークタンとパセリを加えたペペロンチーノ。この後バイトを終えた長男が帰宅し、再びアラビアータを作り、ようやくお役御免となりました… 

kyoko0707k at 14:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

午前0時のパスタ

a7a32dfe.jpgすでにポトフを食べていた夫も、やっぱりパスタがいいと一言

かくして私のパスタ作りが始まったのでした!

さっきの画像はアラビアータ。続いてソーセージと椎茸を入れたカルボナーラ

結局ワインも開けて、いつもの金曜日に…


kyoko0707k at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

パスタはお休みのはずだったのに…

8abc4039.jpgポトフを温め、ご飯や冷蔵庫の中の残り物や常備菜とで食べてもらうはずだったのですが…

私が帰宅した時、息子は「種類が少なくてもいいからパスタが食べたい」と

明日は定演本番。そんな息子の頼みとあらば…

kyoko0707k at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

パスタはお休みの金曜日

7333f563.jpg佐々木かをりさんのパーティーに出席のため、昨日は金曜日のパスタをお休みさせてもらうことに

各自で温め直して食べられるように前の晩にコトコトとポトフを煮込んでおきました♪

ブラックペッパーをふって辛子をつけてたべます

kyoko0707k at 14:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

2005年12月09日

昨日はビビンバご飯

143315d9.jpgモヤシ、人参、ニラ、椎茸の千切りをサッと塩ゆでしてゴマ油をひと回し

炊き立てご飯に、この即席ナムルと牛ロースの焼肉をのせて真ん中に温泉卵をポンと割り入れ、白ゴマをパラリとふって出来上がり♪

コチジャンで好みの味に仕上げます

kyoko0707k at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

イー・ウーマン佐々木かをりさんのパーティ

f399a914.jpgイー・ウーマンの佐々木かをりさんのパーティーが表参道であり、私ごときが出席することに

華麗なゲストにドキドキしながらも楽しい時間が過ごせました!

憧れの久保京子さんもいらしてたのにお話できなかったのが残念です…

kyoko0707k at 22:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)携帯通信 

美味!アボカドのやまかけ

d2d1ea96.jpg惑さんがこの間パスタソースにしていたのをご飯にかけました♪

私、大のアボカド好きなんです

アボカド+長芋+卵黄++刻み海苔…これにワサビ醤油があればいくらでもご飯が食べられます

今度はパスタでやってみます

kyoko0707k at 14:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)携帯通信 

ポークソテーのガーリックトマトソース

6db2395c.jpgこれは一昨日のメニュー

例によって時間がなかったので簡単なポークソテーに。帰ってすぐに小鍋にトマトのホール缶を開け、ニンニクのスライスとオリーブオイル、バジルを入れて弱火にかけておき、ソース作り
ソースを手作りしただけでご馳走気分です♪

kyoko0707k at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)携帯通信 

2005年12月07日

ミレナリオはまだだけど…

ff0fa46f.jpg丸ビルでパーティーがあり、広報担当者として司会進行&パネルディスカッションのファシリテーターを務め、ものすごい数の名刺交換をして、ここ数週間の嵐がひとまず収束を迎えました。

ミレナリオはまだだけどライトアップされた木が素敵です。

kyoko0707k at 00:07|PermalinkComments(4)TrackBack(0)携帯通信 

2005年12月06日

あんかけで野菜炒めがグレードアップ!

野菜炒めもやし、たけのこ、白菜、豚肉、しいたけ……昨日の豚しゃぶの材料が残っていて、どうしようかなと。それで、安易な発想ながら野菜炒めに決定です。

そのほか、人参、ピーマンを足して炒め、中華風スープの素と料理酒、ごま油などで味をととのえ、野菜から出た水分と料理酒の水分を片栗粉でとじてあんかけ風にしてみました。

ほらね、つやつやな感じが食欲をそそるでしょ?

うなたま
ほかにおかずは、うなぎの蒲焼を卵でとじた「うなたま」(上にほうれん草をのました)です。あとは、ほかほかご飯と、わかめと焼麩の味噌汁など。

最近、著しくおかずの数が減っているし、料理が手抜きになっていて反省です。明日がピークの仕事の波をやり過ごしたら、ちょっと日々の暮らしを立て直さないといけないなあと思います。

でも、この波をやり過ごしたら…と7月くらいからずっと言っているんですよね。ありがたいやら、“貧乏暇なし”かしらんと、情けないやら。

いやいや、やっぱりありがたいと思うことにします。日々、これ経験。べそかきながら、胃をしくしくさせながら頑張ったことが、きっとこの先の何かにつながっていると信じて。

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ

kyoko0707k at 02:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日の一品 

2005年12月05日

江國香織「いつか記憶からこぼれおちるとしても」

いつか記憶からこぼれおちるとしても
スティーブン・キングから解放された私が最初に読んだのが
江國香織さんの「いつか記憶からこぼれおちるとしても」。

江國さんはとても「ひらなが」にこだわっているみたいで、あえて漢字を使わない表現が多いので、とてもホッとします。

さて、この作品は私立女子高のある一つのクラスを舞台にした、連作短編集ですが、ものすごく共感できたというか作品の持つ空気感のようなものが本当によく理解できるものでした。

というのも、私自身が中・高ともに私立の女子校育ちでその独特の雰囲気が痛いほどよくわかるからなのでしょう。携帯とかプリクラとか、当時はなかったモチーフが出てきたとしても全然違和感がなくて、私の時代にもしそれがあったら、そんなふうだろうなとすんなり理解できるんです。

たぶん、作者の江國さんと私が2歳違いという、ほぼ同世代というのもあるのかなあと思いました。

でね、一つびっくりしたのが、この作品集の2つめにある「緑の猫」という作品のこと。2ページくらい読んでみて「あれ?どこかで読んだことある…」と思ったら、新潮文庫から出ている「いじめの時間」という7人の作家による短編集の中に収められているものだったんです。

それで、あらためて「いじめの時間」をひも解いてみたら、どうやら先に「緑の猫」ありき…であとから「いつか記憶からこぼれおちるとしても」が発表された模様。

でも…この「緑の猫」に登場する人物は、ほかの作品にも微妙につながっていて、決して独立した話じゃないんですもの。そこが不思議。少なくとも、私は「いじめの時間」で読んだときより、今回の「いつか記憶からこぼれおちるとしても」の一連の流れの中で読んだほうがずっとずっと心に残ったんです。

うーん、何のことやらというあなた、ぜひこの2冊を続けてお読みくださいませ。
(前に辻仁成さんの作品でも、同じようなことを言ったような…)


いじめの時間


kyoko0707k at 05:37|PermalinkComments(1)TrackBack(0)本のこと 

スティーブン・キングが読めない!

ここのところ、ずっと本のことを話題にできていなかったのは
忙しかったからだけではなくて、1冊の本につっかかって
いたからなんです…

タイトルは控えますが、スティーブン・キングの本。
これ、長男に借りたのですが、1ページ読むのにも
行ったり来たりで、ちっとも作品世界に入っていけなくて。

まず、外国の作品は人の名前が覚えられないでしょ、
中に出てくるジョークがわからないから、つまらないでしょ、
同じ場面にとどまって、ずっと語っているので
なんだか飽きてきちゃうでしょ…

1日1冊ペースを保持してきた私なのに、これです。

でもね、スティーブン・キング大好き!の息子が
どうしても私と作品について語り合いたいらしく
「読んだ?」と何回も聞くので放り出すわけにはいかず
ここ1ヶ月近くがんばってきたんですが、ついにリタイア!

ごめんね、息子よ。
「死のロング・ウォーク」とか
「グリーンマイル」とか
「ゴールデン・ボーイ」とか
「ショーシャンクの空に」の原作とか
ほら、私にだって気に入っているスティーブン・キングの作品が
けっこうあるんだけど、だめなやつもあるんです…

それが不思議なことに夫は上・下合わせて
3日で読めたっていうんですから。

だから、世の中にはたくさんの作家がいて、
それぞれにファンがいて、
それでもまだ新しく作家が誕生していくんじゃないのかな。

本が好きなのに、好きな本が読めないのは
ストレスがたまります…


kyoko0707k at 05:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本のこと 

2005年12月04日

金曜日のパスタはエンドレス!?

えびのクリームルッコラ赤ピーマン
なす・たこたらこ・ねぎレタス・生ハム

一昨日は家に着いたのが22時前。ところが先に帰宅した次男は翌日の期末試験に備えてすでに就寝中。長男はバイトじゃないはずなのに、出かけている様子で気配なし。
夫からも、やがて「遅くなるから」と連絡が…

はて、今日のパスタはどうすればいいのだろうと思いつつも、ソースの準備を始めたのですが…

海老とホタテのクリームソース
先週に引き続き、蝶の形のパスタを使ったクリーム仕立てのものを作りました。今回は冷凍の海老とホタテを使って。この手のパスタは後で温めなおしてもまあまあ食べられるので、五月雨式に家族が帰ってくる場合は便利です。
ペペロンチーノ・ルッコラと生ハムのせ
手早くできるパスタの王道、ペペロンチーノにルッコラと生ハムをのせて。これはリングイネ・ピッコレで作りました。
紅鮭のカルボナーラ
これは市販の「青い洞窟」シリーズのソースを温めて和えただけ。さすがに1から作る気力も体力も萎えてきました…。こちらもリングイネ・ピッコレ。

実は、ここまでとサラダを夫と食べたのが午前0時ごろ。後の2つは、午前2時に帰宅の長男と午前3時に起きてきた次男のためにプラスしたもの。いやはや、私のパスタ作りはエンドレス…。結局4時前にベッドに入った私は、それから昏々と12時間の眠りについたのでありました。

なすとタコのトマトソース
なすとベーコン、というのがお店のメニューの定番ですが、タコもよく合います。1.7ミリのパスタで作ったけれど、ペンネでも。コクが出るようにチーズをたっぷり混ぜ込んでいます。
たらこと青ねぎのバターソース
バター風味のたらこソースのパスタに青ねぎを加えました。いつもは大葉だけれど、冷蔵庫になかったので。でも思いのほか青ねぎも香りがたらこバターにあって、美味でした。取り分けてから、刻みのりをのせて。
レタスと白ごまのサラダ+生ハム
以前にもご紹介したレタスと白ごまのサラダに生ハムを加えました(ペペロンチーノに使った残りだけれど、ちょっと豪華な感じがするでしょ・笑)。

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ


kyoko0707k at 12:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)今日の一品 

2005年12月02日

エチカ表参道、オープンです!

c89b56bd.jpgOMO仕事で遅くなり、まだ表参道付近をウロウロしています

ずっと工事中だった表参道駅に今日エチカ表参道がオープン!

紀伊国屋のデリやワインショップがあったりスイーツのお店があったりで、なかなか楽しみなラインナップです。

これから会社の帰りの楽しみが増えそう♪ 

でも、まずはゆっくり寄り道する時間がほしいですー!

---------------------
<その後のレポート(2005/12/16)>
紀伊国屋が出店している「OMO」で、今宵のお酒のお供にと「砂肝のスモーク」(1パック¥390)を購入。しっかりしたスモークと砂肝ならではの歯ごたえに感激!

ただし、ビールやワインをじっくり味わい場合には、主張が強すぎて合わないかも。ビールならスーパードライあたり、もしくはバーボンに合うのではと思われます。


kyoko0707k at 20:47|PermalinkComments(1)TrackBack(5)携帯通信 

2005年12月01日

すぐにできておいしい小松菜の煮びたし

煮びたし猛烈に忙しいです。10月からOLをしている会社で、来週発売開始の企画商品があり、プレスリリース作成と配信、お披露目パーティーの準備(当日は司会も!)、新企画に伴うWEBサイトリニューアル…それをほとんど一人でやっています! で、もちろん家でも仕事、仕事、仕事…。昨日は徹夜で、朝1時間弱の仮眠だけ。たぶん今夜も徹夜です。

昨日もデザイン会社での打ち合わせがあり、それが長引いて帰宅が21時半。それからご飯炊くんですもの、さすがにため息が出ました。おかずは魚を焼いたり、具沢山の中華スープを作ったり、あと、野菜が足りない気がして作ったのが写真の煮びたし。

小松菜だからゆでてアクを抜く必要がないので簡単。サッと熱湯をかけて油抜きした油揚げと細切りのにんじん、小松菜、しめじをほんの少しの油で炒めて、しなっとしたら、お酒、みりん、しょうゆ、だしの素を入れて調味していくだけ。ほんの5分くらいで、とてもおいしい副菜ができました。

今夜は牛ばら肉とすね肉を使ったビーフシチュー。ゆっくり煮込んでいる暇なくて、久しぶりに圧力鍋を出してきました。これからルーを入れて仕上げに入ります。

栄養をつけて、今夜もがんばらなくちゃ!

↓お料理のレシピがいっぱい! sallyのレシピが気に入ったらここをクリック♪
レシピブログ

kyoko0707k at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今日の一品